« 2009年7月20日 (月) | トップページ | 2009年7月23日 (木) »

2009年7月21日 (火)

2009年7月21日 (火)

工藤パン 小倉&マーガリン

工藤パン 小倉&マーガリン         個人的な つぶあん&マーガリン シリーズ

青森県のメーカーさんで

青森県内のスーパー・コンビニで普通に取り扱っていました。

お隣の岩手県に入った途端に全く無くなってしまいましたが・・・

 

まずは 小倉&マーガリン

2 Photo_8  

 Photo_9

Photo_10  

 

 

ロールパンベースのつぶマ。

パンは少し堅くパサつく感がしたがこれはこのパンだからなのか時間が経っていたからなのかは解らず。

ただし陳列棚からは賞味期限の一番長いのを選んでいる。

あん、マーガリン 共にありふれた仕様だと思うが

マーガリンは塩っけはなくちょっと油っぽい。

 

続いて 

 ふんわかサンド 小倉&マーガリン

Photo_11 Photo_12  

 

 

サンドイッチタイプのつぶマ。

このパンの特徴は
カステラ生地が入っており
あんとマーガリンをカステラ生地で分けていること。

Photo_13 

 

 

独特な技ありの一品でありアイデア賞。

ただカステラ生地の味がマーガリンを上回っておりマーガリンの存在が希薄になってしまった。

パンの耳はついたまま。

 

 

味的には悪くはないと思うのだが
また食べたいとも思わない。

過去に幾度となくサンドイッチタイプのつぶマを食べてきたが
私個人的には サンドイッチにつぶマは相性がよろしくないようなので
なかなか当たりが少ない。

 

 

けど青森の地元企業でもつぶマがあったのはちょびっとだけうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かもめの玉子 さいとう製菓

岩手県のお土産

かもめの玉子  (さいとう製菓)

私、このお菓子が大好きで大好きで

たまにお土産でもらうと一箱、ペロリと食べてしまったり平気でやっちまいます。

だめなんだなぁ、我慢が出来ないんだなぁ、 このお菓子は。

 

最近は東京でも百貨店のみならず

普通にスーパーで購入できるんですが

春夏秋冬ごとに出る季節限定品は

地元岩手県まで行かないと中々手に入りません。

 

今回は 放浪癖 を利用?して

大船渡のさいとう製菓まで立ち寄ってきました。

<さいとう製菓 総本店>

Photo_11

思っていたよりも普通の地元の和菓子屋さんでした。(笑)

今まで

ケーニヒスクローネ

六花亭

クラブハリエ

アトリエ・ド・フロマージュ

シベール

等など 東京にいれば同じものを食べられるにも関わらず

わざわざ本店にまで行った事は沢山あります。

上記以外のお店でも大体現地の本店は

みな結構立派な店構えのところばっかりだったので

極々 普通の店構えに少々拍子抜け。

(ただし ケーニヒスクローネ本店は静寂な高級住宅街の中にある洒落たスゥイーツのお店 でこじんまりとしていた。)

 

 

さっそくサービスエリアで見つけた

鷗の玉子 ブルーベリー を購入!

Photo_14

Photo_12 Photo_13

 

 

 

封を切ったら

ブドウみたいな香りが漂ってきた~

でもこの色

恐竜とか怪獣の卵みたいだぞ。

   

そしてこんなものが

<夫婦かもめの玉子>

Photo_15

本来ならば完全予約品。

たまたま展示してあったのを購入できた。

Photo_16

紅白の鷗の玉子に

親子3人(3匹?)の成鳥してしまったカモメのお菓子。

 

わざわざ来た甲斐があった?

 

 

決して高級なお菓子ではないんですけど

北海道の 白い恋人 や

仙台の 萩の月 のようにかなりいけてる

一般庶民向けのお土産ものではないかと思っています。

  

そういえば日本各地で 

〇〇の玉子 <〇〇はご当地の鳥の名前> 

と銘打った形も味も完璧なパクリ品がかなり出回っていますしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンボダブルサンド  ピーナッツクリーム

ヤマザキ コッペパンシリーズ 第 18 弾。   個人的な ヤマザキコッペパン種類表はこちら

ジャンボダブルサンド  ピーナッツクリーム 

Photo Photo_2

 

 

 

実はこちらのパンは ”コッペパン” と表記されておらず

パンの割れ方も通常の横割りではなくロールパンのように縦割り

Photo_3 Photo_4

 

 

 になっており

果たしてコッペパンシリーズに入れてしまってよいものなのかどうか悩んだ代物。

実際に食べてみた感じは・・・

コッペパンと変わらなかったので私的にはコッペパンシリーズに分類しておきます。 ハイ!

 

中身のピーナッツクリームは

右側もPhoto_5  

 

 

 

左側もPhoto_7

 

 

 

全く同じもの。

せっかく ピーナッツクリーム だけではなく

粒ピーナッツ や みそピーナッツ なんてのもあるんだから

右と左で別の種類のピーナッツクリームを挟んでも良かったんじゃないか、

とも思う。

それになぜ同じクリームを使っているのに

わざわざ別々に分ける必要があったのだろうか。

もしかすると今後の コッペパンシリーズ は別々の味を

分けて入れてくるつもりなのか? 

  

中身のピーナッツクリームは味が

通常のピーナッツクリームよりも味が薄い(ピーナッツクリームっぽくない)

つまり甘味がチョビッとだけ少ないような気がした。

 

 

縦に切れ目が入っているのは

ただ単に横に二つの切れ目を入れられないからかも???

 

 

 

岩手県宮古のスーパーで購入。

120円。   ジャンボと銘打っているのでお値段ちょっとお高め。

ただしあまり大きくは感じなかったし入っていた袋の大きさは

他のコッペパンシリーズと同じ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月20日 (月) | トップページ | 2009年7月23日 (木) »