« 徳島製粉 金ちゃん亭 ぶっかけうどん | トップページ | ヤマザキ 小倉&マーガリン サンドロール »

2009年8月23日 (日)

東京で食す 鹿児島料理

夏の連休中に行った ”鹿児島”。

そこで食べてきた

白熊” に ”勘場蒲鉾” 

フワッフワのカキ氷白熊 も ホックホクのつけあげ も

いくらなんでも東京じゃ食えないだろう と思っていたら

有楽町にある かごしま遊楽館 で

勘場のつけあげは売っているし

Photo_2  

 

 

2階の レストラン 遊食豚彩いちにいさん  で 白熊 も食えるんです。

1_2  

 

 

特にこの”白熊”。

天文館むじゃきの様な ヨーグルトっぽい練乳ではなく普通の練乳だが

昼のメニューの中にはどこにも書いていないのに

大人気メニューでお昼時を外して午後2時過ぎに行ったにも関わらず20分待ち。

まぁそりゃそうだろぉ、だって

2_2

写真だと伝わりにくいが

とてつもなくデカイ!

むじゃきのスペシャルくらいはあるだろう。

しかもお値段 750円! 

普通の客ならば一人じゃ食えんばかりの巨大さ。

 

作り手のお姉さんも一人で大格闘!

器にあふれんばかりに氷をかいて入れ

その上に練乳をかけて

崩れないように回りをちょっと固めて

もう無理だろうと思われるカキ氷の上にさらに氷をかいてのせ

そしてもう一回 練乳をかけて

たっくさんの果物をちりばめて

出来上がり!

調理時間、5分弱。

とってもかわいい店員さんだったけど ”白熊” を作っているときは

恐いほどの真剣な眼。

休む間もなく入る白熊の注文に手際よく白熊を作っていました。

目の前で見ていましたがこりゃ 職人さん だぁっと思った。

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー

 

白熊だけのつもりだったんですが

店内に香りがあまりにも食欲をそそってくるんで

カツ丼も注文してしまった。

1_3 2_3

 

 

完全な玉子とじカツ丼ではないようで あげたカツの衣にまだサクサク感がある。

半卵とじカツ丼。

けど肉厚は

Photo_3

たっぷりあって これで 920円 だったら 場所的な事も含めてやすいと思う。

へんな豚カツ屋に行くよりも全然旨いし。

  

 

 

勘場の蒲鉾も 出来たての 白熊も いくら東京でもないだろう思っていましたが  

いとも簡単に手に入ってしまうこの町は やはり すっげー とんでもない町ですよ。

きっと世界中の物で手に入らない物はないんじゃねーかな。

そのうち かごしま遊楽館 近くの 日比谷公園内や銀座の歩行者天国でも

ババヘラ が出没する日も来るんじゃねーか(笑)

|

« 徳島製粉 金ちゃん亭 ぶっかけうどん | トップページ | ヤマザキ 小倉&マーガリン サンドロール »

食べどころ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京で食す 鹿児島料理:

« 徳島製粉 金ちゃん亭 ぶっかけうどん | トップページ | ヤマザキ 小倉&マーガリン サンドロール »