« 2009年9月15日 (火) | トップページ | 2009年9月17日 (木) »

2009年9月16日 (水)

2009年9月16日 (水)

心配事 北信州・牧の入スノーパーク

大鰐温泉スキー場の事を書いた後

ボチボチ今シーズンのスキーの予定でも少し考えるかと

各スキー場をいろいろとググッて見たらさっそく嫌な記事を見つけてしまった。

 

北信州・牧の入スノーパーク

2009-2010シーズン休業

遊楽ながの より

 

牧の入スキー場の公式サイトにはまだ特に書いてはないみたいですが・・・

お隣の 木島平 も大丈夫なんだろうか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心配事 大鰐温泉スキー場

こちら引っ越す前に書いていたブログ内で

2010スキーシーズンの目標みたいなものを書いたことがあり

その中で

 

************

 まず全国で標高差が500メートルを超える大きなスキー場の中で未だ見制覇のスキー場の制覇!

残された大きなスキー場は

青森県  大鰐スキー場

渡島    ニヤマ高原スキー場

兵庫県  ハチ高原・ハチ北

       ハイパーボウル東鉢・スカイバレー

       神鍋高原 

新潟県  村上市営(旧朝日村)ぶどう 

************

と国内に残された比較的規模の大きな未歴訪スキー場の制覇を目標に掲げていたのですが

その筆頭に書いてある

青森県 大鰐温泉スキー場 

に黄色信号が点灯してしまいました。

 

毎日新聞 2009年9月5日 地方版 より

大鰐温泉スキー場:高原エリア営業黄信号 町が補正案撤回、関連議案否決 /青森

大鰐町臨時議会が4日開かれ、大鰐温泉スキー場の高原エリアを運営予定の第三セクター「大鰐地域総合開発」(OSK)を指定管理者にする議案が否決され、町は高原エリアのOSKへの光熱費や水道料金などを計上した補正予算案を撤回した。これにより、高原と国際の計2エリアあるスキー場のうち、今季は国際エリアでしか営業できない可能性が出てきた。

 町は全エリアでの営業を目指し、高原エリアを運営するOSKが指定管理者になることを前提にして約4100万円の予算案を盛り込んでいた。しかし「町の財政は苦しい。国際エリアだけにすべきだ」などと反対の声があり、指定管理者案は否決された。

 スキー場は12月下旬にオープンする予定で、町側は「10月をめどに対応を考えたい」としている。スキー場問題では、今年3月の定例会でも、高原エリアの電気料金など3100万円を減額する修正動議が可決されている。

 

 

昨シーズン(2009シーズン)にも同じようなことでもめていましたが

今シーズンは片肺飛行(国際エリアのみ)の営業になりそうな感じですな。

もっとも完全に無くなってしまうわけではないようなので

今シーズン中にはなんとしても歴訪しておきたいスキー場です。

恐らく将来的には

採算性(人口の多い首都圏からだとあまりにも遠すぎる)

雪不足(昨今は青森・函館周辺のスキー場でも海が近いこともあり降雪量が少ない)

で亡くなる可能性がかなり高いスキー場だと思っているので

多少の無理は覚悟で行かねばならぬスキー場の一つになりそうです。

 

今シーズンはしっかり雪が降りますように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月15日 (火) | トップページ | 2009年9月17日 (木) »