« 九頭竜テラル高原 ペアパスポート | トップページ | 宇奈月温泉スキー場 »

2009年12月19日 (土)

戸狩スキー場

今シーズン 7回目 の歴訪スキーは

長野県の戸狩温泉スキー場さん。                            

                <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら>

Photo  

 

 

  

 

 

 

この写真

朝一番のスキー場麓の画像。

ストックも板も余裕で半分埋もれるくらいの新雪。

うたい文句の

”とがり激パウ”  はウソじゃない。

 

ただその前に腹が減っては戦は出来ぬで

まずは朝食を頂くことに。

この戸狩温泉スキー場さん

朝の6時から朝食営業をしてくれているお店があって

コンビニ弁当じゃなく

出来立ての温かい食事が取れるんですよ。

場所はオリオンゲレンデの一番下にある レストハウスみゆき さん

イメージだと 

Asat

こんなんみたいです。

実際に頼んで出てきたものは Photo_3    

 

 

 

 

 

 

 

まあ多少違うようだが

600円ならば十分の内容だろう。

ごはんはどんぶり飯で男性でも朝っぱらからだと

けっこう腹いっぱいになる量で

焼き魚の  鮭は焼き立て。

そしてお味噌汁

Photo_4

 

なっなんだ

このデカイきのこは

なめたけみたいにヌルヌルしていて旨いぞ。

いくらコンビニ弁当が美味しくなったといえ

この温かい食事にはやはり叶わないだろう。

ここの朝食は悪くないと思う。

 

ただ注文してから料理が出てくるまでの20分もかかり

お店に入ったときはほとんど人がいなかったのに

朝食が出てきたときには

Photo_5

バスツアーで来たお客さんで食堂内がいっぱいになっちゃた。

1人で食事をしていた私は相当肩身が狭かったぞ・・・

しかもガキどもが飯食っている俺の前で

クソ生意気にタバコなんぞ吹かしやがってこん畜生!

(私はタバコが大嫌い なんである)

 

 

教訓

戸狩で朝食を取る時は時間に余裕を持って早めに食べませう。

 

そんなこって早々にお店を追い出された感じなった私は

リフト券を買って滑り始めるわけなんだが

なにせ本日の戸狩のうたい文句は

”とがり激パウ”  

60

ゲレンデ下部でこれだけ積もっている。

本当ならば ”とがり激パウ” を喜ぶべきなのだが

ここの雪質はハッキリ言って 重い 

板がこのコースは中級向けのコースなんだが

斜度が緩くて全く板が浮かずにこの状態から抜け出すのに

30分も掛かってしまった。(汗汗)

けど皆はよくこのスキー場の雪の事を知っているのか

この後、このコースは

営業終了間際の16時までほとんど入る奴はいなかった。

けど朝から夕方まで新雪が残っているなんて信じられん話だ。

きっと他のメジャースキー場ならば

新雪奪い合いの血みどろの抗争が勃発したにちがいないだろ。

なんて平和なスキー場なんだ、戸狩は。

 

もう一本上にあるリフトが動き出したので行ってみると

しまった~

こっちの方がおいしかったんだ~

あちゃ~ やってしまった。

 

最初の予定だと戸狩温泉さん

3つあるゲレンデのうち

オリオンゲレンデだけを開放するつもりだったようなんですが

ドカ雪が降ってくれたおかげで山頂の

カシオペアゲレンデもオープンしてくれました。

Photo_6

標高が高くなったので雪質が軽くなって滑りやすい。

 

 

 

 

   

 Photo_7  

  

 

 

 

 

 

 

さらに山頂を目指すと

Photo_8  

 

 

 

 

 

 

うげっ

まだこんな斜面があった。

うん (・_・)エッ....?

けど右側に写っているリフトがまだ動いていないんだけど

きっとリフトが動くのを信じて下りたのだろう。

結局 私も

Photo_10  

 

 

 

 

 

 

下りちゃった 

きっと帰れるんだろう。

 

下りたみたらならば

うん

Photo_30  

 

 

 

 

 

 

 ほよよよよよよ 

もうお昼になるというのに

まだ誰も滑っていないツルッツルの新雪バーンがあ~るじゃあ~りませんか。

そうしたら丁度、さっきまで止まっていたリフトが動き出したので

早速こ~んな ピッカピカ の急斜面を

Photo_31   

 

 

 

 

 

 

 いっただきま~す 

まずは1本

Photo_32  

 

 

 

 

 

 

滑走ラインが汚いが

続けて2本

Photo_33  

 

 

 

 

 

 

いまひとつラインが気に入らないなぁ。

でもリフトから丸見えの斜面だったので

さすがに3本目には他の人も入ってきており素直に退却。

 

心が満たされれば

次は腹を満たさねばならぬだろうと

麓に下りて昼食をとることに

選んだ食堂は

Photo_2   

 

 

 

 

星降る食堂

いかにも手造り看板が良い味を出している。

メニューを見ると

Photo_4  

 

 

 

 

 

 

りんご豚カレー ??? 

なんだりんご豚って

リンゴみたいに真っ赤なぶたなのか?

気になったら

Photo_5

 

 

 

 

 

 

頼んでみる。

お店の人に聞いたら

地元の豚肉とリンゴの入ったカレーなんだそうな。

お味はデミグラスソースベースのカレー

またはハヤシライスみたいな味

辛いカレーが苦手な人にはいいだろう。

図抜けてうまいわけでないが

欲を言えばもう一声、値段を下げるか(500円~600円)

もしくは量が多ければ良かったかも知れない。

 

 

滑り終えて冷え切った体を温めるのはやはり

温泉 であろう。

戸狩温泉スキー場 と名前に温泉と書いてある以上

入らずに帰る訳にも行かないだろうから

スキー場のすぐ目の前にある 

Photo_6  

 

 

 

 

 

 

望の湯さん(500円)で汗を流すことに

ここの露天風呂は

Photo_7  

 

 

 

 

 

 

そんなに高い場所にあるわけでもないのに眺めは良い

でもこっちから見えるという事はきっと

向こう側からもこっちの裸が見えているのかも知れない・・・

 

露天風呂も内風呂も同じ源泉を使っているのだろうが

内湯にお方が若干ヌルヌル感があるお湯に感じた。

 

 

 

朝飯から始まり

温泉で終わる

今日も良い一日だったぞ~い 

|

« 九頭竜テラル高原 ペアパスポート | トップページ | 宇奈月温泉スキー場 »

日本全国スキー場めぐり 2010」カテゴリの記事

コメント

深い、深すぎる…。
脱出30分、画像で理解できました。
五本松Gあたりかな?麓でこの量、今回の寒波は凄すぎる…。

投稿: 信州有賀峠 | 2009年12月20日 (日) 04時56分

有賀峠さん、コメントありがとうございます。

>戸狩
まだ出先なので詳細がUP出来ませんが
添付写真は一番下のベース部分ですよ。
山頂部はストックが完全に埋もってしまったので楽勝で1m超えだったのでは。

急遽 当初の戸狩の予定を変更して移動中です。


残念ですが野沢からはお互い 見えないと思いますよ。

落ち着きましたら一報いれます。

投稿: docat | 2009年12月20日 (日) 06時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸狩スキー場:

« 九頭竜テラル高原 ペアパスポート | トップページ | 宇奈月温泉スキー場 »