« 臼尻 | トップページ | 今金ピリカ »

2009年12月31日 (木)

仁山高原

  今シーズン 33回目 

通算 第466箇所目の歴訪スキーは

北海道の 仁山高原 スキー場   Photo_104                                       

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

 

北海道に上陸して4日目

既に17ヶ所のスキー場に行っているが

リフトに乗ったのは

仁木町民八雲町営

ロープトゥを含めても

丹羽大成 

の合計 4ヶ所。

 

もういい加減、まともなスキーをしたいと体が訴えているので

道南最大のスキー場

仁山高原にやってきました。

Photo_105  

 

 

 

 

 

 

Photo_106 

 

 

 

 

 

 

今シーズンの私の目標の中に

国内に残った標高差500m以上のスキー場制覇

と言うのがありその内の1ヶ所が

ここ仁山高原だったんです。

でも見た目、そんなに大きなスキー場に見えないし

Photo_109  

 

 

 

 

 

リフトも相当疲れているし 大丈夫かいな このスキー場。

 

あずは足馴らしでゲレンデ正面に向かって右側にある

第3ペアリフトに乗って初級者コースに向かい事にする。  

Photo_108 

 

 

 

 

 

 

やっぱり大丈夫かな ? このスキー場 

痛みかたがが相当激しいぞ。

遅いペアリフトで支柱が17本もあるって事は相当乗車時間が長い。

Photo_110

 

 

 

 

 

 

コースのど真ん中に板を立てて写真が撮れるほど空いている。(笑)

雪が少ないせいか圧雪はうまく入っていなくて多少デコボコ気味。

 

もう一つの緩斜面の方が丁寧な圧雪が入っているがそれでも決してうまい圧雪ではない。

Photo_112  

 

 

 

 

 

 

 

少し晴れてきたのでクワッドとさらにその上に架かるペアリフトに乗って

スキー場の上を目指して見ると どっひゃーPhoto_113  

 

 

 

 

 

 

 

まだ誰も入っていない

まっ白な新雪急斜面が延々と残っている~

こりゃすっげー

晴れていれば景色も最高ーだろ

Photo_114   

 

 

  Photo_115

 

 

 

 

 

 

Photo_116  

 

 

 

 

 

 

Photo_118    

 

 

 

 

 

 

まさかこんな新雪急斜面のあるスキー場ががら空きで残っていたとは信じられん。

 

 

はっきり言うがスキー場としては

設備等にかなりくたびれた感じが拭えなく

それでも活気のいいところを見せようと

ガンガンに音楽を流してはいるが

スピーカーが古く

それは単なる雑音にしか聞こえない。

 

立地的には函館から遠くはないが

私みたいに東京からわざわざ北海道までスキーに行くのならば

ニセコ・ルスツ・キロロ・テイネ・札幌国際 etc

雪の豊富で設備の整ったところに行ってしまうので

なかなか地元民だけでこれだけの規模のスキー場を維持するのも大変なんだろう。

 

 

しっかし40度近くはあろう急斜面に新雪があるのに誰も行かないスキー場も

最近では滅多にお目にかかれないだろ。

40  

 

 

 

 

 

 

時期を間違えるとカリカリアイスバーンばかりのスキー場になりそうだけど

当たれば新雪独り占めも可能な

博打みたいなスキー場かもしれない。

   

 

 

ちなみに食堂のメニューはPhoto_119  

 

 

 

 

 

 

ラーメン・そば・カレー と

よく言えば無難な

別の言い方をすれば特徴の無い メニュー

この辺りにも地元民だけしか相手にしていない雰囲気が漂っている。

 

 

たしかに大きなスキー場の部類に入るのだろうが

なんとなくうら寂しい雰囲気が漂っているスキー場だった。 

 

ちなみにお天気がよければこの方向に

Photo_120

 

 

 

 

 

  

函館山が見えるのだそう。

天気のよいときに訪れたいスキー場だ。

|

« 臼尻 | トップページ | 今金ピリカ »

日本全国スキー場めぐり 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仁山高原:

« 臼尻 | トップページ | 今金ピリカ »