« 2010年1月19日 (火) | トップページ | 2010年1月21日 (木) »

2010年1月20日 (水)

2010年1月20日 (水)

関西スキー場 大遠征 5日目

関西スキー場 大遠征 5日目の成果は

奥神鍋
万場
アップかんなべ
名色
但馬牧場

の5箇所。

但馬牧場は大遠征2日目の時に行くつもりだったのが宮津の大江山が急遽営業開始した影響で後回しになってしまったスキー場。
明日か明後日に行く予定だったがいきなりの気温上昇で
昨シーズン、岡山の神郷第一で経験した僅か1日違いで営業休止になってしまった悪夢がよみがえり
但馬牧場はその二の舞を避ける為、予定を繰り上げて今日強行軍で滑ってきました。

明日の天気予報は雨
雨の中まで滑りたくないなぁ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

但馬牧場

今シーズン 62回目 

通算 第494箇所目の歴訪スキーは

兵庫県の  但馬牧場 スキー場        Photo                                   

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら  

但馬と言えば

Photo_2

やはり但馬牛であろう。

ただ訪れた時間が3時近くなってしまい遅すぎたのでここでは食べられなかった。

スキー場に来ていきなりレストランから入ってしまったが

あわてて滑る必要も無かったのは

3

誰もいないから(笑)

つまり貸しきりなのである。

Photo_3

最初はリフトが1本しか動いてないから回数券1枚だけ買って滑ろうと思っていたのだが

牧場の名前とは打って変わって斜面がそこそこ急で楽しそうだったのと

わざわざリフトを動かしてくれるのに1本しか乗らないのも申し訳ないので

(実際に私が現れるまではリフトは止まっていた!)

半日券2,000円で営業終了まで滑ろうと気が変わったのである。

これってメチャクチャ贅沢だよな。

Photo_4

リフトは2本あるが平日は正面に架かるこのリフト1本だけの営業

中間降車駅があり初心者はこの緩斜面で滑るような感じになる。

上まで行ってしまうと下山コースは全て急斜面か幅の狭いコースしかない。

ちなみにこの緩斜面にだけしか誰かが滑走した跡がついていなかったぞ、

しかもこの滑走跡はたぶんスキー場のパトロールさんの滑った跡っぽいので

本日のお客様は第1号はたぶん私なのかもしれない、午後3時の話だよん(笑)

Photo_5

山頂付近にある展望台から撮った写真

滑走跡が見えるがこれは自分のもの

つぼ足の跡はリフトの係員さんもの

すばらしい、自分の為だけにあるマイゲレンデだぜ!

Photo_6

真正面のコースはチョイと急な斜面

Photo_7

だけど斜面入り口付近は見ての通り雪が少ない。

今日はぎりぎりセーフで滑り込めた。

わざわざ神鍋高原を途中で止めてまで来た甲斐があったというもんだ!

Photo_8

だけど1月の中旬なのに完全に春の雪だった。

 

このスキー場はここ以外のコースも

Photo_9

距離は短い物がこんな斜面なんかがそろっており

Photo_10

実は中上級者向けのスキー場だったりする。

これは意外だった。

Photo_11

外側を廻って下りてくるコースも

Photo_12

誰も滑った跡は無い!

嬉しいような寂しいような複雑な心境だ。

 

Photo_13

週末になればこの第2ゲレンデも営業するらしい。

こっちの方が幅があって楽しそうに見えたけど今日は滑れない、

いや、もし滑って行ってしまったら登り返さないといけないので止めておいた。

担ぎスキーは年末年始に行った北海道だけで充分だ!

 

残念ながら今日は見えなかったが

Photo_14

天気が良いと日本海が見えるらしい。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名色

今シーズン 61回目 

通算 第493箇所目の歴訪スキーは

兵庫県の  名色 スキー場   Photo                                        

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら 

 

アップかんなべ から続く>

今日は神鍋高原4スキー場を全部滑り倒す予定である。

午前中に奥神鍋・万場を お昼からアップかんなべ を滑り

残す神鍋高原スキー場は ここ名色のみである。

Photo_2

アップかんなべから案内看板に従って名色に向かったら

いきなりこんな道の連続だ、

天気も良くて案内看板もあり間違いなく正面に見えるのが名色ゲレンデなのだが

無事にたどり着けるのかかなり不安だったぞ。

たどり着いた駐車場には

Photo_3

う゛ぁははは

なんじゃいこの組み合わせは、

自衛隊さんの車と幼稚園バスのコラボレーション!

まさか園児達に自衛隊1日体験入隊をさせているのか?

それとも手前の黄色いバスで隊員さんを送り迎えしているのか?

んな馬鹿な

いきなりのフェイント攻撃に度肝を抜かれたぞ、やるな名色!!

 

でも私が訪れたときに一般の滑走者は0人。

いろいろな理由があるのだろうが

他の神鍋高原スキー場と違い名色は

Photo_4

ゲレンデと駐車場が川を挟んでいるので歩かなければならない。

ズブズブの雪の上を道具を持って歩くのは辛い。

よっぽどの名色好きでも無ければ普通は他のスキー場に行ってしまうだろ 

 

<コースマップ>

Photo_5

アップかんなべから見た名色は

午前中滑っていた奥神鍋や万場と同じ規模のスキー場のようだが

Photo_6

設備的には昭和の香りが色濃く残るスキー場だ。

 (まあ兵庫県のスキー場は神戸の六甲山と但馬牧場以外はどこも昭和の香りがプンプンするのだが)

1_2

早速年代物のリフトに乗ってみる。

2

監視小屋が工事現場のようだ。

3

昔はシングルリフトが2本架かっていたのだろう。

この一番下にかかるシングルリフトを使ったコースが第一ゲレンデと呼ばれているようで

Photo_8 

幅広の緩斜面、

一番下からはこのシングルリフトともう1本トリプルリフトが架かっていて

Jpg

こちらがこのスキー場の一番中心となるリフト・コースみたいだ。

Photo_7

ここまでは圧雪がきちんと入っている。

2_2

この上には第二ゲレンデが見えてくる。

Photo_9 2_3 Photo_10 

斜度も幅もあり楽しそうだ。

さらにこの上にも第三ゲレンデがあり

Photo_11

またまた時代を感じさせるシングルリフトを使って

2_4

グイグイ登って行くと

3_2

こんな広い急斜面に出る、

ただし第二・第三ゲレンデ共に圧雪は入っていないので

リフトから見た目では難易度は高そうだ。 

 

<廃止?山頂リフト>

Photo_12 

昔はさらに上に向かうリフトもあったようだが

完全に廃墟と化していた。

2010シーズン現在の名色スキー場の山頂は

Photo_13

こんな感じである、

赤丸で囲った所がさっきまで滑っていた”アップかんなべ”でR。

 

リフトから見たときでも少し難儀しそうな雪だなと思ってはいたが

Photo_14 Photo_15

実際に滑って見たならばほとんど手入れをしていない

廃スキー場のコースを滑っているみたいだった。

本当に誰もいなかったし・・・

モサモサの滑らない雪質のコースは難易度としてはかなり高め。

でももしこのスキー場で新雪が降れば食べ放題になる可能性が相当高そうだ。

 

施設が古くさく駐車場から歩かされる等とあまり良い印象が無いのだが

斜面のおもしろさではかなり好印象のスキー場であるし

なにせガラ空きなのがいい。

雪がちゃんとあればだが・・・

 

<食堂> 

Photo_16

食堂のお品書きは一般的なものがそろっている、

特に高くも安くもないようだ。

 

 

 

でもこのスキー場の一番の楽しみ方は・・・

Photo_17   

こうやって子供達といっしょになって雪遊びをする事かもしれない。

 

 

 

2011年8月27日 追記

 

読売新聞WEB関西版にこんな記事が

名色高原スキー場 廃業…兵庫・日高

雪不足で来場者減

 兵庫県豊岡市日高町の名色高原スキー場の運営会社「名色高原」が廃業を決め、会社の清算手続きを進めていることがわかった。雪不足などで来場者数が減少し、営業前の準備に必要な運転資金の調達が困難になったのが要因という。ゲレンデは夏場、パラグライダーに利用しており、運営会社に出資していた地元住民らは、新たな観光振興策を模索する。

(2010年8月27日  読売新聞)

 

神戸新聞にも

名色スキー場が廃業 雪不足、不況で赤字 豊岡 

 豊岡市日高町名色の名色高原スキー場が昨シーズン限りでの廃業を決めていたことが25日、分かった。近年の暖冬による雪不足や景気低迷で、利用者数の減少が続いたことが要因。地元集落が出資する運営会社「名色高原株式会社」は現在、清算手続きを進めている。

 同スキー場は1966(昭和41)年にオープン。3つのゲレンデを備え、ピーク時は利用者が5万人を超えていたが、記録的な雪不足となった06年度には2日しか営業できず、わずか300人にとどまった。その後も07年度8300人▽08年度5500人▽09年度5300人‐と低迷。赤字が続いていた。

 同社はここ数年、シーズンが終了するたびに営業継続の是非について協議してきたが、「このままでは展望が開けない」と、今年4月の株主総会で会社の解散を決議し、廃業を決めた。廃業後の施設や跡地の扱いは未定という。(宮下裕史)

(2010/08/26 08:30)

 

 

酷な言い方だが確かにいつ逝ってもおかしくは無い雰囲気ではあった。
ただ、ただ・・・
あの懐かしい雰囲気を色濃く残すスキー場は出来れば存続して欲しかった。
私よりも年上のスキー場を最後の年に滑れたことに感謝したい。

長い間、おつかれさまでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

奥神鍋スキー場

今シーズン 58回目 

通算 第490箇所目の歴訪スキーは

兵庫県の 奥神鍋 スキー場   Photo_10                                       

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら 

万場から続く>

ここに来る前に アップかんなべ万場 の駐車場に寄ってきたのだが

お客さんの車は1台も停まっていなかったのに

Photo_14

奥神鍋は一番たくさんの車が停まっている所を見ると

神鍋高原で一番人気のゲレンデのようだ。

しかも万場よりもリフトまで歩かなくてすむ。

決まり、今日の滑り初めは奥神鍋だ。

 

まず一番下に架かるリフトで上のコースまで登るのだが

Photo_15 

ほとんど民家の並ぶ敷地の中のような所をズンズン進むと現れるのは

Photo_16

うお~

一番下のリフトでこのコース

さらにこの上にもリフトが架かっているのだから

なかなかの規模のスキー場だ。

<2本目のリフト>

2_2

少し緩いが圧雪もきれいに入ったいい感じのコースだ。

このリフトを登って行くと見えてくるのは

Photo_17

自然の地形を生かした楽しそうな急斜面。

これは思っていた以上にでかいスキー場だ。

Photo_18

おおお 大自然の中に伸びていくリフトだ。

これはすごい奥行きだぞ。

Photo_21

うきゃきゃ これはたまらん

Photo_23

楽しい~

Photo_24 

こんなオモロイコースは

Photo_25

気が付いたら

Photo_27

一気に下まで下りてしまった。

  確かにコースは楽しいんだけど

   またリフトを3本も乗り継いでいかねばならぬのはチョイと辛い・・・

一番上のリフトは

Jpg

右へ向かうのが奥神鍋の山頂へ

左のリフトがお隣の万場スキー場へ向かうリフトになっていて

神鍋高原4スキー場の中では唯一、お互い滑り込めるようになっている。

せっかくなんでお隣 ”万場” に向かってみよう。

Photo

右に向かえば ”万場”

左に行けば奥神鍋だ。

<山頂から万場へ続く>

 

万場から帰って来たぞ>

Photo_6

もっと滑っていたかった万場だったが

今日中に神鍋高原の全スキー場を滑らねばならぬので

心を鬼にして奥神鍋に戻ってきた。

けどこっちのオクカンだって

Photo_7

オモロイスキー場なんで我慢出来ずに滑ってしまった(^-^;

 

うんっΣ(・ω・ノ)ノ!

Photo_9

自衛隊さん?

しかもテレマークじゃなくてアルペンスキーだぞ!

Photo_8

北海道ロコスキー場でしか見たことがなかった自衛隊さんが

まさかこんなメジャースキー場で滑っているとは思わなかった。

 

何度も言うようだがもっと滑っていたかったのだが

今日中に神鍋高原スキー場を制覇せねばならぬ関係上

11時で打ち切り。

けどあと一つだけ外せないものを見つけてしまったのだ!

Photo_10

”するめの天ぷら”

私は初めて見た するめの天ぷら

昨年、びわ湖バレイで紅ショウガの天ぷらを見たときと同じくらいの気になる

これは絶対に外せん

Photo_11

うっ うまいかも・・・

値段の割に量が少ない気もするがゲレ食だから仕方があるまい。

でもおいしかった。

 

なんだかんだで駐車場に帰って来たのはちょうど12時。

奥神鍋・万場で掻い摘んで滑ってきたつもりだったが

気が付けばあっという間に半日が過ぎてしまった。

つまりそれだけオモロイスキー場と言うことである。

普通はここだけで充分1日遊べるだろう。

でもしつこいようだが私は次に向かわねばならぬのだ。

辛いメグラーの定めよのう (´;ω;`)ウウ・・・

最後の駐車場に戻るコースは

Photo_12

もろに住宅地のど真ん中を滑って帰る。

よし お次はリフト券を買った

アップかんなべだ!

アップかんなべへ続く>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万場

今シーズン 59回目 

通算 第491箇所目の歴訪スキーは

兵庫県の  万場 スキー場    Photo_10                                      

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら 

アップかんなべより>

朝一番で訪れたアップかんなべが営業しなかったので先ずは偵察に来てみた。

<朝8時>

Photo_13

コースは楽しそうに見えるのだが

ちょっと駐車場からコースまで離れているな。

まだ時間があるので隣の奥神鍋にも偵察に行ってみよう。

奥神鍋に続く>

 

奥神鍋の山頂から戻る> 

奥神鍋には偵察のつもりだったのだが

向こうの方が駐車場がコースから近くて

歩かなくてよかったので万場には奥神鍋から滑って入ってきた。

だから滑り始めからいきなり

Photo_2

山頂だったりする。

まずはどんなスキー場なのか下まで一気に下りてみよう。

Photo_3 山頂付近 眺めがいいぞ

Photo_4 コース整備もいいぞ

3 快適なコースを抜けると

4 うを~ 一気に幅が広がり

5 大回りが最高

6 まるで八方尾根のリーゼン下部だぜ

7 あともう少し

8最後は緩斜面で締め

お隣の奥神鍋も面白かったけど

こっちの万場の方がもっとオモロイぞ、

こりゃすっげー楽しいじゃん

けど惜しむらくはこのロングコースを一気に滑るためには

4本もリフトを乗り継いで行かねばならぬこと

このコースをリフト1本で滑れれば文句なしのスキー場だ。  

 

でも2番目のリフト沿いには

Photo_5

こんな非圧雪の広~い斜面もあるし

3本目のリフト沿いは

3_2

斜度も幅も快感そのものの斜面もあり

気に入ったコースを何回も繰り返し滑れる楽しみもある。

ここは気に入ったぞ、

だけど今日は神鍋高原の全スキー場を滑らねばならぬので

悔しいがさらばだ!

奥神鍋に戻る>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アップかんなべ

今シーズン 60回目 

通算 第492箇所目の歴訪スキーは

兵庫県の  アップかんなべ スキー場    Photo_10                                       

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

Photo_2

神鍋高原にあるスキー場の1つである。

Photo_12

以前は神鍋高原にもいくつもスキー場があったようだが 

2010年現在の今では 

アップかんなべ・奥神鍋万場名色 の4スキー場のみが現存している。

<朝7時30分>

Photo_11

神鍋4スキー場でなぜここに始めに来たかのと言うと

一、駐車場の目の前がすぐにゲレンデで歩かなくていい

一、事前の情報では他のスキー場よりも営業開始時間が30分早い

から・・・

でも実際にはリフト券売り場の開くのが

早いだけでリフト運行開始時間は他のゲレンデと同じだった。

どうせ朝一番で滑るのならば滑り甲斐のあるゲレンデの方が良いだろう

と言うことで神鍋高原の他ゲレンデに偵察に出かけてみた。

万場に続く>

 

奥神鍋から戻る>

奥神鍋・万場を先に滑っていたら面白くて結局は午前中半日滑ってしまい

お帰りなさい、ってアップかんなべに戻ってきたら

12時を過ぎていた。

今日中に神鍋高原の全てのスキー場を滑らなくてはならないので忙しいのである。

早速リフトに乗車

Photo_4

平日と言うこともあるのだが人が少ない、

ついでに言うと神鍋高原のスキー場の中では一番雪も少ない。

1月中旬でこの積雪量で大丈夫なんかいな ? と余計な心配をしてしまうが

Photo_5

それでも雪があればこのどこをどう滑ってもいい広い斜面は楽しい。

それとこのスキー場で驚いたのはゲレンデがここだけだと思っていたらなんと裏側にも

Photo_7

こんな広い斜面が隠れていた。

こりゃ降雪直後に訪れたら最高に楽しいだろ。

Photo_6

上の写真を見る限りではあまり大きくは見えないが

右側にある犬のエアーマットで遊んでいる人を見れば

Photo_8

この斜面がかなり広いのがわかると思う。

Photo_3 

さらに左側には距離が短いながら緩斜面もある。

Photo_10

以前はこの先にもリフトが架かっていたようだが

Photo_11

かなり前に無くなったようだ。

 

さあ1通りアップかんなべも滑ったから次に向かおうと

山頂へ向かうリフトに乗車したら

Photo_12

緩斜面とは反対側にもう1本コースがあるようだったので

滑って下りたら

2

まだコースが隠れていた。

標高差こそ無いがなんちゅう広いゲレンデなんだ、驚きである。

ちなみにこの最後に下りたコースが 

ICS(アイスクラッシュシステム)を設置した ”宮ノ森コース” になる。

 

アップ神鍋からは他の3つの神鍋高原スキー場がよく見える。

Photo_13 Photo_14 Photo_15

左から ”奥神鍋” ”万場” ”名色” 

それぞれが単独でも500m近い標高差を持つスキー場である。

こんなのが3つとこのアップかんなべが全て共通のリフト券で滑れるのだから

神鍋高原スキー場 こりゃおもろいスキー場だ。

 <名色に続く>

 

 

 

 

ちなみに2日後のアップかんなべは・・・

122 

わずか2日でこんなに雪が無くなってしまった、

良いときに訪れたのかもしれない。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月19日 (火) | トップページ | 2010年1月21日 (木) »