« 関西スキー場 大遠征 6日目 | トップページ | ハイパーボウル東鉢 »

2010年1月22日 (金)

スカイバレイ

今シーズン 64回目 

通算 第496箇所目の歴訪スキーは

兵庫県の  スカイバレイ スキー場           Photo P1310362                                

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら 

リフト券を見ればわかるように

お隣のハイパーボウル東鉢とは共通券であるので

同じスキー場として考えてもいいだろう。

実際にコースの境目は言われないとわからない。

2つのスキー場が一体化してるのでかなりデカイ規模のスキー場かと思っていたが

実際には中規模クラスのスキー場である。

2つのスキー場が滑れて休日1日券4000円、平日1日券3500円は妥当な料金だと思う。

Photo_2

スキーセンターハウス

明るい配色の塗装を施し少しでも新しい感じを醸し出そうとする努力には

好感が持てるのだが施設そのものは年代物である。

Photo_3

平日でも駐車場料金が1000円取られるのは痛い。(お隣の東鉢も同じ)

もうこれは西日本のスキー場の習わしなので仕方がない、

センターハウスの真ん前に停められたので良しとしよう。

 

<コースマップ> 

Photo_4

スカイバレイの名前といい 右側の看板といい 

宣伝上手なスキー場なのだろう。

今日はスカイバレイとハイパーボウル東鉢の両方を滑るわけだが

こちらのスキー場を最初に選んだのは

ネーミングから来る開放感と自前の駐車場を持っている(東鉢は個人の民宿等の駐車場)から

つまり私のように初めて訪れる人はこっちの方が安心して来られると思う、

自分がそうだったから

 

まずはスキーハウス前から出ている登行リフトにのってゲレンデに向かう。

Photo_5

一応ここが初心者向けのコースのようだが

Photo_6

斜度的には多少きつい

 

そしてこの初心者コースの上には

Photo_7

こんな広いゲレンデが待っている。

滑走距離そのものは1キロも無いのだが

この広いバーンがスカイバレイ一番の売りであり最大の特徴だ。

Photo_8 3 Photo_9

Photo_13

Photo_10 Photo_11 Photo_12

これで天気が良ければごっ機嫌なスキー場に違いない。

 

この広いバーンの他にも

Photo_14 Photo_15

こんな急斜面もある。

ゲレンデ内にはいくつかレストラン休憩所があって

Photo_16 Photo_17

青や黄色に色分けしていてカラフルだ。

だがふもとのスキーセンター同様に建物そのものは年季が入っている。

 

Photo_18

今日は途中でお隣のハイパーボウル東鉢に向かってそちらで食事をしてしまったので

スカイバレイでは食べていないのだが

Photo_20 Photo_21 

但馬牛の牛丼

う~ん これは食べてみたかった。

 

朝から雨が降りそうなお天気だったので午前券で滑っていたのだがお昼過ぎから

Photo_22 Photo_23

晴れてきた 

雨模様の天候から午前券にしたのだが裏目に出てしまった。

 

残念だがもう時間なので諦めて帰ろう、

帰りはメインゲレンデからは下山コースを使って下りていくのだが

Photo_24 Photo_25  

初心者は難儀しそうなちょっと難しいコースのように感じた。

 

Photo_26

下りてきたら係員さんが雪だるま君を直している。

このスキー場、施設は古いがなかなか熱心にお仕事をしている様子が伝わってきて好印象であった。

できれば平日の駐車場料金が無料になればもっといいのに 

 

Photo_29

帰りに水で板もきれいに洗える、

水?

真冬に水が使えるって事は暖かいってことか?

だって普通は凍ってしまうから

  

おまけ

山頂付近の景色

Photo_27

まさか兵庫県でこんなきれいな霧氷を 

Photo_28

見られるとは思わなかった。

|

« 関西スキー場 大遠征 6日目 | トップページ | ハイパーボウル東鉢 »

日本全国スキー場めぐり 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイバレイ:

« 関西スキー場 大遠征 6日目 | トップページ | ハイパーボウル東鉢 »