« 関西スキー場 大遠征 4日目 | トップページ | 万場 »

2010年1月20日 (水)

アップかんなべ

今シーズン 60回目 

通算 第492箇所目の歴訪スキーは

兵庫県の  アップかんなべ スキー場    Photo_10                                       

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

Photo_2

神鍋高原にあるスキー場の1つである。

Photo_12

以前は神鍋高原にもいくつもスキー場があったようだが 

2010年現在の今では 

アップかんなべ・奥神鍋万場名色 の4スキー場のみが現存している。

<朝7時30分>

Photo_11

神鍋4スキー場でなぜここに始めに来たかのと言うと

一、駐車場の目の前がすぐにゲレンデで歩かなくていい

一、事前の情報では他のスキー場よりも営業開始時間が30分早い

から・・・

でも実際にはリフト券売り場の開くのが

早いだけでリフト運行開始時間は他のゲレンデと同じだった。

どうせ朝一番で滑るのならば滑り甲斐のあるゲレンデの方が良いだろう

と言うことで神鍋高原の他ゲレンデに偵察に出かけてみた。

万場に続く>

 

奥神鍋から戻る>

奥神鍋・万場を先に滑っていたら面白くて結局は午前中半日滑ってしまい

お帰りなさい、ってアップかんなべに戻ってきたら

12時を過ぎていた。

今日中に神鍋高原の全てのスキー場を滑らなくてはならないので忙しいのである。

早速リフトに乗車

Photo_4

平日と言うこともあるのだが人が少ない、

ついでに言うと神鍋高原のスキー場の中では一番雪も少ない。

1月中旬でこの積雪量で大丈夫なんかいな ? と余計な心配をしてしまうが

Photo_5

それでも雪があればこのどこをどう滑ってもいい広い斜面は楽しい。

それとこのスキー場で驚いたのはゲレンデがここだけだと思っていたらなんと裏側にも

Photo_7

こんな広い斜面が隠れていた。

こりゃ降雪直後に訪れたら最高に楽しいだろ。

Photo_6

上の写真を見る限りではあまり大きくは見えないが

右側にある犬のエアーマットで遊んでいる人を見れば

Photo_8

この斜面がかなり広いのがわかると思う。

Photo_3 

さらに左側には距離が短いながら緩斜面もある。

Photo_10

以前はこの先にもリフトが架かっていたようだが

Photo_11

かなり前に無くなったようだ。

 

さあ1通りアップかんなべも滑ったから次に向かおうと

山頂へ向かうリフトに乗車したら

Photo_12

緩斜面とは反対側にもう1本コースがあるようだったので

滑って下りたら

2

まだコースが隠れていた。

標高差こそ無いがなんちゅう広いゲレンデなんだ、驚きである。

ちなみにこの最後に下りたコースが 

ICS(アイスクラッシュシステム)を設置した ”宮ノ森コース” になる。

 

アップ神鍋からは他の3つの神鍋高原スキー場がよく見える。

Photo_13 Photo_14 Photo_15

左から ”奥神鍋” ”万場” ”名色” 

それぞれが単独でも500m近い標高差を持つスキー場である。

こんなのが3つとこのアップかんなべが全て共通のリフト券で滑れるのだから

神鍋高原スキー場 こりゃおもろいスキー場だ。

 <名色に続く>

 

 

 

 

ちなみに2日後のアップかんなべは・・・

122 

わずか2日でこんなに雪が無くなってしまった、

良いときに訪れたのかもしれない。 

|

« 関西スキー場 大遠征 4日目 | トップページ | 万場 »

日本全国スキー場めぐり 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アップかんなべ:

« 関西スキー場 大遠征 4日目 | トップページ | 万場 »