« 今度は冬の礼文島だぁ | トップページ | 久種湖畔(船泊)スキー場 »

2010年2月21日 (日)

富士見ヶ丘 スキー場

今シーズン 100回目 

通算 第530箇所目の歴訪スキーは

北海道の礼文島 富士見ヶ丘 スキー場     Photo_67                                       

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

Photo_68

うっきゃー

Photo_4

なんじゃいこの景色は・・・

Photo_5

ありえねー

Photo_6

こんな大絶景のスキー場がいまだかつてあっただろうか?

Photo_7

富士見ヶ丘の名前の通り

 Photo_2

海の向こうに利尻富士が丸見えだー

 

昨年の暮れに

せたな町の大成スキー場行った時も

海に沈む夕日を眺めて

日本一の景色だ~

と大絶賛してして

もう絶対に大成スキー場よりも景色のいいスキー場なんて存在しないだろうと思っていたが

ここ礼文島の富士見が丘は大成スキー場よりもさらに景色がいいかもしれない。

 

 

稚内からフェリーで来ると、

香深の港の先にスキー場らしき斜面が見えてくる。

Photo_70 

スキー場そのものは

Photo_3

200m~300mくらいの1枚バーン

斜度も均一で標高が低いのに雪はいい。

さすが最北限の島だ。

 

Photo_11

歴訪当日は子供達のスキー講習会があり

Photo_8

指導員の方々が熱心に子供達にスキーを指導していました。

Photo_10

 

そこに現れた 

Photo_9

このセクハラスキー

このまじめな講習会の雰囲気には全く場違いだ。

まぁみんな自分の滑りに夢中で

誰も気がつかなかったと思うぞ、たぶん・・・

礼文の子供たちへ

こんな変なスキー板を履くような大人になっちゃだめだよ~(爆) 

 

まあ当たり前だが礼文島の人しか滑っていなかったと思う。

 

Photo_12

けどこの景色が当たり前だと思っている礼文島の人々はなんともうらやましい。

Photo_13

 

でも今日はまだ利尻富士が霞んでいるから

もっと綺麗に見える日もあるなんて言っているのだから

そんな日に出くわしてしまったらきっと島から帰りたくなくなってしまう

いゃ きっと帰れなくなってしまうだろう。

 

 

この地球上でここよりもすばらしい景色のスキー場を

ご存じの方がいらしたらぜひ教えて欲しい

ここは世界一の景色をもつスキー場かもしれない。

 

 

営業時間より前に来てしまった私の為に

ロープトゥを動かしてくれて

島の事もいろいろ教えてくれた

スキー場の管理人さん

本当にありがとうございました。

今度はもっともっとお天気の良いときに再訪したいと思います。

 

 

  MOVIE(スキー動画)

 

 

 

 

 

 

 

 追記

 礼文島の富士見ヶ丘スキー場の感動を

 まだまだ伝えきれないので

 歴訪当日をダイジェストで記しておきます。

 

<朝一番の、富士見ヶ丘スキー場>

Photo_15

 

<本日の一番乗り>

Photo_16

 

<新雪 ご・ち・そ・う・さ・ま>

8

8_2 

 

雲の切れない利尻富士だったのに

Photo_17

島の子供達がやってきて

Photo_19

滑り始めたら

Photo_20

みるみる雲が取れてきて

Photo_21

晴れてきちゃった (* ̄0 ̄)ノ

Photo_22

それはまるでこの子ども達が

Photo_23

呼び寄せたかのような

Photo_25

大絶景だった。 (v^ー゜)ヤッタネ!!

 

お・し・ま・い 

 

 

追加情報

滑走跡と場所を添付です。

Photo_2

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 
 
2014年6月21日 イメージムービーを追加しました。

|

« 今度は冬の礼文島だぁ | トップページ | 久種湖畔(船泊)スキー場 »

日本全国スキー場めぐり 2010」カテゴリの記事

コメント

利尻の山は 引き止めるだけの魅力凛々よね
雪雲のチラリズムから 大胆に
あら お兄さん もうおかえり~ィ? もう一杯 おいしのいかがぁ? あーたの板みたいなねーさんが 誘っている気分?
 おりゃ! 利尻の主に いいつけてきたぁげるよ このボーズめ

それにしても なにこれ この景色
礼文にスキー場なんてないよねェ
こんなところで SKI教室なんぞで育ったら 物の捕らえ方が違うだろねぇ ほんと そんな板 買っちゃう大人にならなそ(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
 でも ある意味あの長靴で大喜びする奴も居ないだろうね   
では また 利尻いってくらぁ お天気 祈っていてね 第二陣でいきますよ 

投稿: LONmama | 2010年2月24日 (水) 00時30分

LONmamaさん、コメントありがとうございます。


いゃいゃ いくら利尻富士が美しくてもあねごのほうがもっと綺麗



…、

ゴホッゴホッ
失礼!
ウソがつけない性格なんで(爆)

利尻の主にあったら
愛してるよ〜
とお伝えください (^.^)チュッ

あんな環境で育った子供達はみんな素直ないい子になりますよね。
私(達?)があの島に惹き付けられるのは
汚れてしまった心を洗い流してくれるからなのかもしれません。
あの山を見て改めてそう感じました。

利尻の皆様方に
どうぞよろしくお伝えください。
またそちらに帰りますよって


お天気、良くなりますように…
(−||−)パンパン

投稿: docat | 2010年2月24日 (水) 07時58分

いやはや、利尻島にお見えになっていたとは!
いい天気に恵まれましたね!
また来てくださいね。
”氷らない魔法の水”持参でね

投稿: にっしー | 2010年2月24日 (水) 15時29分

にっしーさん、コメントありがとうございます。


せっかくそちら利尻にまで行きながらご挨拶すら出来ず本当に申し訳なかったです。
代わりに↑上↑のコメントのLONmamaあねごが私の分まで利尻のみなさんを楽しませてくれますよ(笑)


来年のモニターツアー、今から予約お願いしま〜す。
“氷らない魔法の水”を利尻の主の前でのみましょうね。

投稿: docat | 2010年2月24日 (水) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士見ヶ丘 スキー場:

« 今度は冬の礼文島だぁ | トップページ | 久種湖畔(船泊)スキー場 »