« 利尻天望山 | トップページ | 鴛泊 »

2010年2月20日 (土)

鬼脇石山

今シーズン 97回目 

通算 第528箇所目の歴訪スキーは

北海道の 鬼脇石山 スキー場                                           

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

こんなボブスレーみたいな道路を

Photo_32

とことこ走るとスキー場の入り口がある。

Photo_33

 

さらにこの道を

歩くこと数分

Photo_34

はぁはぁ~

Photo_35

つっ着いた。

けど到着したと思ったら

Photo_36

ゲッ 足跡が途切れている・・・ ~(°°;)))オロオロ(((;°°)~

やっていないのかも・・・

Photo_37

また担ぐのか~ と諦めかけていたとき背後からなにやら爆音が

Photo_38

管理人さんがスノーモービルで爆走してきた。

もしかすると不審者の乱入と思われていたのかも(笑)

 

お話をお伺いしたら

歴訪当日だった土曜日は午後1時からの営業なんだそうな

この時点での時間 11時30分

私が早く来すぎたみたい。

 

管理人さんのご厚意で営業開始時間よりもかなり早くロープトゥを動かしてもらいました。

しかもリフト券代までおまけしてくれた。

Photo_39100円だけど(笑)

本当にありがとうございました。

 

Photo_40

左側の赤い線がロープトゥの運行範囲

上の赤丸部分はロープトゥはないがスキー場のコース

滑るときは当然担ぎ上げることになる。

今回は無料で滑らせてもらいながら

新雪まで食べてしまっては申し訳ないだろうという

私の優しい気持ちから行かなかったぞ。

ふふふ・・・ 鬼脇石山スキー場よ

今日の所はあのおいしそうな急斜面の滑走は勘弁してやろう。

<あんな新雪急斜面なんか登ったら次のスキー場で滑る体力が無くなっちゃうよ>

 

この鬼脇石山スキー場は利尻島の3スキー場のなかでは一番古いスキー場のようで

昭和30年代には既にスキー場として存在していた模様。

当時のスキー愛好家が自ら山林を伐採してコースを造っていったんだそうな

だからあの山頂のコースも崖崩れで出来た偶然の斜面ではなく

ちゃんとした急斜面コース

ただ最近はシーズンオフに下草を刈ってコースを整備する人もいなくなり

コースが荒れてしまっているんですって。

たしかにあの斜面は30度、いや35度はある急斜面

あの斜度にスキー場のコースを造ってしまうなんて

よっぽどの好き者じゃなければやらんだろう。

  

 

Photo_41

ロープトゥの上まで行って数本滑っていたら

雪の降り方が激しくなってきたので

ロッジ石山で休憩がてら管理人さんといろいろお話していました。

Photo_42

 

東京から来た”不審者”におつきあいしていただいた

スキー場の管理人さん

ありがとうございました。

 

場所はここ

駐車場

 


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 

スキー場

 
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

|

« 利尻天望山 | トップページ | 鴛泊 »

日本全国スキー場めぐり 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼脇石山:

« 利尻天望山 | トップページ | 鴛泊 »