« 2010年3月 5日 (金) | トップページ | 2010年3月 7日 (日) »

2010年3月 6日 (土)

2010年3月 6日 (土)

モヤヒルズ

今シーズン 113回目 

通算 第543箇所目の歴訪スキーは

青森県の モヤヒルズ スキー場    P1340809                                       

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

青森の市内から僅か数キロのコンビニスキー場

Photo_11

訪れる前までは八甲田スキー場じゃ手強すぎる

どちらかと言うと初級・中級者向けのスキー場だと思っていたのだが

Photo_12

山頂からのコースはなかなかの急斜面

Photo_13 

 

一応コースとはなっているが実際には広大な一枚バーン

一部雪の少ないところは滑走禁止になっているが

それ以外ならばどこでも滑れるのはいい

 

それと驚いたのは

Photo_14 Photo_15 Photo_16 

各施設がとってもきれいだったこと

私がもっていた”青森”の印象とは全く違っていた。

そういえば大鰐温泉のあじゃらエリアもビックリするくらいきれいだったな

 

昼間でお天気がよければ陸奥湾が見下ろせるのだろう。

私はナイターで来たので青森の夜景を見ることが出来たぞ。

Photo_18

曇っていなければもっときれいな夜景が見られたのだろう。

陸奥湾に面した青森県内のスキー場

(モヤヒルズ・野辺地まかど・夜越山釜臥山蟹田

は景色がみんな良くていつでも好きなときに来れる地元の方が羨ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蟹田

  今シーズン 111回目 

通算 第541箇所目の歴訪スキーは

青森県の 蟹田 スキー場                                           

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

Jpg_2

ここは営業日に間に合ったスキー場だったんだけど

訪れてた日の土曜日の営業開始時間が

Photo_6

なんと午後6時から

到着した時間が午後3時

3時間もここで時間をつぶせないし

3時間もあれば担いで何本も滑れると判断して

名誉?の担ぎ上げを決意。 

1

このスキー場の駐車場はご覧の通り、完全舗装で区画までしっかり仕切られている。

その駐車場の後ろには 

Photo_8

立派な道路が工事中、まだ舗装されてから新しいようだったので

道路工事と一緒に駐車場も作ってもらったんじゃないだろうか?

 

コースは200mほどの距離で斜度的には最大で20度~25度くらいか

Jpg

だらけた部分が無いので繰り返し滑ってもロコなりに楽しいと思う。

 

このスキー場の先には

Photo_9

陸奥湾と下北半島が見える。

天気がよければきっといい景色に違いない。

 

  

 

本日のおまけ

Photo_10

私のスキー板よりも高い位置にあるロープトゥ

このスキー板の長さが178CMなので

頭の上でTバーをつかんで登っていくのだろうか?

 

 

<場所と滑走記録>


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中泊町宮野沢

今シーズン 111回目 

通算 第541箇所目の歴訪スキーは

青森県の 中泊町 中里 宮野沢 スキー場                                                                             

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

ここに来る前に滑っていた 嘉瀬スキー場 で 

なんとなくここのスキー場も終了しているのでは・・・

と想像していたのだが やっぱり

Photo

コースの出だし部分の雪が溶けてしまっていて営業していない。

ただ嘉瀬と違いスキー場の入り口には

Photo_2

休業等の看板が出ていなかった所を見ると

営業日は2月いっぱいまでだったのかもしれない。

ただ出だしの部分こそ地面が出てしまっているが

コースそのものには

Photo_3

タップリ 雪はある ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ 

<この言葉、嘉瀬でも使ったいたような・・・>  

 

200m程度のロープトゥ1本

Photo_4

その両脇にコースが2本

Photo_5

決して緩斜面ではないので営業していれば

数本は滑っていたと思う。

しかし ここのスキー場も駐車場がスキー場の上にあって

滑って来た後は登り返さねばならないのだ。

コースには タップリ 雪があるので

つぼ足で登れば

Photo_11<嘉瀬スキー場での苦労の足跡>

こんなことになってしまうのは明らかなので

ロープトゥ下の踏み固めてある部分を使って登り返した。

まだ今シーズン営業を継続するのならば

せっかくならした部分を崩してしまうのは申し訳無いが

営業時間になっても誰の来ていないのだか

もう今シーズンは終了したのだろう、と判断して

雪の固い部分を利用して登り返したぞ。

う~ん、嘉瀬で学んだことをすぐに実践するとは

我ながらすばらしい学習能力だ(笑)

 

けど今日、廻った津軽地方のロコスキー場

富士見馬ノ神嘉瀬・廃止グリーンバイオ村)は

なぜみんな駐車場・休憩所がゲレンデ上部にあるのだろうか

全国的に見てもゲレンデトップに各施設があるのは

パッと思い出したものだけでも

斑尾サンパティック・猿払村営 など限られたスキー場のみのはず

これだけスキー場上部に施設が集まったスキー場群があるのはここ津軽だけだろと思う。

(だからなんだと言われても困るのだが・・・)

 

 

<場所と滑走記録?>


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 

Photo_3

・・・・・・・

スキー場が小さすぎたのか?
滑走ログが1点しかない(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘉瀬

今シーズン 110回目 

通算 第540箇所目の歴訪スキーは

青森県の 嘉瀬 スキー場                                           

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

歓迎! 嘉瀬スキー場

Photo_5

いやいや歓迎されるような客じゃねーよ

照れるなぁ~

なんて思っていたら

Photo_6

終わっていた(・_・)エッ....?

”終了”ではなく”休業”と書いてある所をみると

予定していた営業期間はもう少し長かったのではないかと思う。

歴訪日の数日前に急激な気温上昇と雨があったので

コースの入り口の雪が

Photo_7

一気に溶けて無くなってしまったようだ。

でかいスキー場ならば重機や人海戦術で雪入れ作業を行い

営業を継続するのだろうが

小さなロコスキー場では所詮無理な話なのだろう。

ただ雪が無くなっていたのは出だしの部分だけ 

コースそのものは

Photo_8

タップリ 雪がある ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

<あとでこのタップリが自分を苦しめる事になるのだが>

 

距離こそ短いものの

斜度も幅もそれなりにあるスキー場なので

Photo_9

そこそこ楽しかった、ロープトゥが動いていれば10本くらいは滑っていたと思う。

あぁ~ 楽しかった。

といつもならばここで終わるのだがここのスキー場の場合、まだ続きがある

ほとんどのスキー場はゲレンデの一番下に休憩所や駐車場があるのだが

たまにゲレンデの一番上にそれらがある時があるのだ。

そう 嘉瀬がまさしくそのタイプ

つまり滑ってきたコースを

Photo_10

これから登らなくてはならない、

初めに登ってそれから滑り降りるよりもこれは精神的に辛い

さらにコース内のこんなに深いタップリの雪に足下をすくわれ

Photo_11

つぼ足では登れない。

結局は横向きのカニ歩きでスキー場の下から上まで登っていくという貴重な経験が出来た?

スキーを始めて数十年

初めてスキーを履いた日、最初に覚えたカニ歩きを

こんなところで実践するとは誰が想像しただろう。

本日の教訓

初心忘れるべからず 

 

 

<場所と滑走記録>


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

 

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬ノ神

今シーズン 109回目 

通算 第539箇所目の歴訪スキーは

青森県の 玉清水牧場 馬ノ神(まのかみ) スキー場                                           

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

Photo_12

リフト券代というよりかは施設利用料金のほうが適切な言い方かもしれない。

ロープトゥ(Tバーリフト)1本に

Photo_13

200m~300mのコースが2本

Photo_15  Photo_14

これだけを考えると若干高いような気もするが

看板をよく見ると スノーモービル持ち込み と書かれており

スキー場のコース以外の敷地内をスノーモービルで走行する事が出来るようだ。

今回は乗らなかったが馬ノ神にあるスノーモービル利用もこの700円に含まれているのでもしかしたらこれは安いかも知れない。

今回はなぜか乗ってこなかった、 あぁなんでスノーモービルも乗ってこなかったんだろ。

 

そしてこのスキー場

コースを滑ってみて感じたのが

コース整備がかなりしっかりしていたこと

1

雨も降りそうな天候で気温も比較的高く

本来ならば1本滑れば板が食い込みすぎるくらいになるはずがならない。

数本滑ったが思ったほどには深くえぐり込まない。

恐らく毎日丹念にコース整備をされている馬ノ神 の努力のたまものと察した。

 

スキー滑走後にスキー場のご主人と長々とお喋りしていたのだが

驚いたのが

Photo_16

この2台もある圧雪車

(ちなみに今日、廻った周辺のスキー場には圧雪車は無かった)

道路の途中にあった除雪車 

Photo_17

写真には無いが他にもスノーモービル4台

そしてここの敷地

全部、ご主人の所有物  Σ(`0´*)ぉぉ

 

その他、スキー場の休憩所やロープトゥ、ナイター照明 コースの造成 などなど

みんな ご主人の手作りだそうな ∑ヾ( ̄0 ̄;ノびっくり

なんかすごいぞ、馬ノ神のオーナーさん!  

  

休憩所の中にはここのスキー場で育った子供達が

各地のスキー競技で活躍している勇姿を飾った写真が何枚もあり

馬ノ神のご主人のスキーに掛ける思い・情熱みたいなものが

ド素人のおちゃらけレジャースキーヤーの私にも伝わってきて

感動してしまった。

  

  

  

おまけにリンゴまでお土産に頂いてしまいありがとうございます、

ごちそうさまでした。

おいしかったんで家に持って帰る前に全部、食べてなくなっちゃいましたよ(^-^;

 

 

<場所と滑走記録>


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )   Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鶴田町富士見

今シーズン 108回目 

通算 第538箇所目の歴訪スキーは

青森県の 鶴田町富士見 スキー場                                           

         <2010シーズン歴訪記録一覧はこちら

国内のいくつかある”富士”の名前のつくスキー場の一つ 

こちらのスキー場は来る前から今シーズンの営業は終了していた事は了解済み。

でも2月14日で終了しました?

Photo

いくら何でも営業終了が早すぎはしないかい?

 

でも雪不足で営業が終了したわけでは無いので

ありがたく”担いで”1本滑らせてもらいました。

 

コースは2本 ロープトゥが2本(片付けちゃってあったからはっきりわからなかったけど)

 

駐車場と休憩所がコースの中間にあり

その下に200mくらいの緩斜面

Photo_2  

写真の真ん中辺りに見える小屋がスキー場の真ん中にある休憩所

そこを右側に折れるともう1本のコースがあって

上から見るとこんな感じ

Photo_3  

右側に見える小屋が休憩所

写っていないがこの写真の右側が駐車場

 

”富士見” って名前がついているくらいだから

富士見ヶ丘スキー場みたいに正面に

きっと津軽富士(岩木山)が見えるのだろうと期待していたのだが

Photo_4

曇り空で山なんぞどこにも見えなかった。

もし晴れていれば

Photo_8

この下にあるはずの調整池の向こうに岩木山(津軽富士)が見えるのだろう。 

またいずれ日を改めてきちんと営業している時に再歴訪して

津軽富士(岩木山)の姿を眺めてみたいものである。

 

 

<場所と滑走記録>


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

Photo_6 Photo_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第6回 東北遠征! 岩手山SA

ただいま夜中の2時
岩手山サービスエリア

もうだめポ
眠い(´д⊂)‥
よく頑張ったと思うぞ、うんっ。
ここまできてしまえば青森までは射程圏内だろ
ふぁ〜 ここで仮眠

さぁところで明日はどこで滑ろうか
青森県ロコスキー場は3月に入ってもやっているのかここまで来て心配になってきた…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 5日 (金) | トップページ | 2010年3月 7日 (日) »