« 弾丸中山峠スキー場ツアー | トップページ | ふんわりコッペパン??? »

2010年10月31日 (日)

中山峠スキー場

    2010年10月30日(土)

今シーズン 2回目の歴訪スキー場は

北海道の中山峠スキー場 P1390285_2

                    <2011シーズン歴訪記録一覧はこちら>

最近はアイスクラッシャーなんていう便利な人工雪製造機械があるので10月にスキー場が営業を開始するのは珍しくなくなったが
これが10月に天然雪で滑れるとなれば話は別だ。
そういうことで

Photo

来てしまった。(笑)

駐車場の入り口からは人工降雪機だけのスキー場じゃ絶対に無理なコース幅がチラッと見え期待が膨らむ。

 参考<10月15日のイエティの様子>

コースの所々には雪が少なくブッシュが出ている箇所もあるが
10月に天然雪で滑れるのならばそんなことはどうでもいいことだ。
それに今日は

Photo

こんなにきれいに羊蹄山が見えているのだから
ブッシュだ石ころだのチッポケなことは気にしてはいけない。

<それにどうもこの日は私の住む東京では台風直撃を食らっていたらしい・・・>  

9時からの営業開始予定だったのが
中山峠スキー場さんの努力でなんと
20分も早く8時40分からの営業開始にしてくれた。
時間厳守を頑なに守るスキー場も偉いとは思うが
営業準備が済み次第、即営業開始をしてくれるほうが我々来場者には
とってもありがたい、 なかなかやるな中山峠スキー場
(独り言だが今はここと同じグループスキー場が8時営業開始と歌いながらチケット売り場を8時に開けてリフト運行開始は8時20分だったことがあった。 もちろん並んでいるお客は大批難の雨あられ。 ちなみにまだ加森観光さんが経営に参加する前の話なので今は治っていると思う)

P1390296

営業開始直後の駐車場は100台には満たないくらい
その後入り口の道路にまで駐車する車があふれたが
止められないほどには車はなかったようだ。

 

Photo_2

滑走可能な営業コースは真ん中の1コースだけど
とにかく幅があるから思い切って大回りが出来るのだ。

だって

P1390283

こんなに広いんだもの
これは今の時期に他のどのスキー場でも真似出来ない。

Photo_12

これが10月の天然雪の初滑りの写真なのかと疑いたくなってしまうが
本当に2010年10月30日に撮った写真なのだ!

Photo_14

うほほほ 
蹴っ飛ばした雪がぶっ飛んでいるぜ

こりゃ 楽しいぜぇ~

<

コース脇には

Photo_16  

こんなところもあった。

だけどね・・・

Photo_23 Photo_24 Photo_25

まだ降ったばっかりで根雪が付いていないから
ブッシュや地面が出ている場所もあって

Photo_18

こんな楽しそうなところはまだ滑走禁止なんだって。
それでもみんな勝手に入っていたけど

そしてこんなところもあったぞ。

Photo_19

くどいようだが全部2010年10月30日の中山峠スキー場の写真なのだ。

Photo_20  

ぐふふ サラサラのパフパフだぜぇ~

 

こんなに早い時期から滑れてお天気も最高だから

Photo_21 Photo_22

テレビ局も取材で訪れていて上空にはヘリコプターまで来ていた。
私は自分の滑りを他人様にお見せできるような上手い滑りが出来ないので
極力このテレビ局の方から遠ざかっていたのだが
皆さん方は相当自身があると見えて
カメラの前にわざと向かっていく猛者もたくさんいたぞ。
ちょっとうらやましい。

 

コースの一番下にはなんと

Photo_26 Photo_27

すでにレール・ボックスがあった。
この時期に設置出来るとはやはり中山峠スキー場 恐るべしである。

 

営業初日で混雑するのかなと思っていたのだが

Photo_28

リフト待ちは最大でもこんなもん
待っても1~2分程度
お昼時にはリフト待ちは全くなくなっていた。

Photo_29

駐車場のは地元 札幌をはじめ室蘭・旭川・函館・北見など全道から物好きが集まっており
さらには道外ナンバーも練馬・山梨・松本・神戸・広島とさらにクレージーな連中も来ていたぞ。
私の東京ナンバーなんか神戸・広島に比べればかわいいもんだ(笑)

 

<レストラン>

ルスツ高原の会社、加森観光さんが経営(運営?)しているだけあった
レストランのメニューにもルスツ色が反映されており

Photo_30

メニューにはルスツ高原ポークを使った
豚丼・カレー・スパゲッティが用意されていた。
比較的お安い良心的なお値段だと思う。

<豚丼 700円>

Dsc03039

味噌汁・香の物付きで700円だったら上出来だ。

Dsc03040

味付けは北海道らしく?濃い目ながら甘辛くてうまかった。
男性ならばご飯大盛りくらいでもいいかもしれない。 

 

このスキー場が惜しいなと思ったのが

Photo_31

自動販売機の飲み物
なぜか市価より10円だけ高い。
こうゆうのは値段の問題ではない、
気分の問題だ。 

 

帰りにはお約束の

P1390368

スキー場の入り口にある道の駅であげいもを食って帰ろう。
JAFの会員証を見せると50円割引になるぞ。

私は食べ終わってから気がついた!

|

« 弾丸中山峠スキー場ツアー | トップページ | ふんわりコッペパン??? »

日本全国スキー場めぐり 2011」カテゴリの記事

コメント

最高でしたね!
見ててこちらもワクワクしてきました。
車で行かれたんですね。。。
東京~北海道、いやあ凄すぎます(≧∇≦)
でも行く価値がありましたね!!

投稿: ばく | 2010年10月31日 (日) 23時50分

ばくさん、コメントありがとうございます。

たぶん10月に天然雪で初滑りなんてもう2度と体験出来ないだろうと思いぶっ飛んで行ってしまいました。
でも行って良かった〜
感想はその一言に尽きます。
あの中山峠スキー場を味わってしまったら激狭い人工雪のスキー場はもう無理です。
だから次の出動は暫くなさそうです。


代償の筋肉痛が〜(笑)

投稿: docat | 2010年11月 1日 (月) 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中山峠スキー場:

« 弾丸中山峠スキー場ツアー | トップページ | ふんわりコッペパン??? »