« 2011年11月11日 (金) | トップページ | 2011年11月20日 (日) »

2011年11月13日 (日)

2011年11月13日 (日)

ヤマザキコッペパン もち食感シリーズ

Dsc07333

こちらのコメント欄で教えて頂いた方法で手に入れた
広島県産米粉入り 中四国限定商品の
もち食感 コッペパン シリーズ

Dsc07335
一緒に
がんすドーナッツも頼んでしまった。

さあ今夜の食事はコッペパンだ(笑)

 

こっぺさん 毎度の情報提供ありがとうございます。
そして広島県から東京までコッペパンを送っていただいた
Yショップ中久保店のホホエモンさん
本当にありがとうございました。
(今回お世話になったホホエモンさんのブログはこちら)

中四国限定コッペパン、3種類無事に手に入りましたよ。
いやぁ~ うれしいなぁ~ 

    

梨ゼリー&ホイップ
柚子クリーム&ホイップ
なると金時入りクリーム&ホイップ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ピスラボで滑って気づかされたこと

今シーズン、イエティ軽プリの初滑りで気が付いたこと
それは・・・
ストックの使い方・持ち方が変わったこと

なんってったて私はレジャースキーヤー
今の今まで我流で滑っているもんだから師匠というものがいない。
あえて師匠に近いと言えばいつもスキーブーツのお世話になっている神田・御茶ノ水のスキーショップさんなのだが
(本来、私にはもったいないくらいに敷居が高すぎるお店なので師匠などと気安く書いてしまうのはとんでもなく失礼でありお店の名前はとてもじゃないが恐れ多くてここには書けない)
ところが思わぬ事で別のお師匠さんが現れた。
 
ウイングヒルズ サマースキー ピスラボゲレンデ
 
8月4日5日 の2日間
もちろん遊びで滑っているわけで
何も真面目に上手くなろうなんて全く考えもしていないしこれっぽちも思っていない。
ところがこのピスラボで楽しく滑るには上手くならないとちっとも楽しく滑れない。
楽しく滑ってやろうといろんなことを試していたら
ストックの位置を前に大きくせり出すように
まるで大きな風船を抱えているような腕の形にしてあげると
曲がるたびに板がヒュイ~ンと加速していく
そしてそのまま前に出たストックをチョコンと付いてあげると
それを基点にクルリと回る。
それがそのまま良い癖として残っていたみたいで
2度の初滑り(イエティ軽プリ)であのピスラボの感覚が蘇ってきて
板が今まで以上にビュ~ンっと加速する瞬間が幾度となくあったんです。

ウイングで滑った時の感想で
ピスラボで速く(楽に)滑れれば
雪上でも速く(楽に)滑れるかもしれない

と書いていましたがまんざら嘘では無かったですね。

でもストックなんておまけ程度にしか考えていなかった我流素人スキーヤーの私には今回の一件でストックワークの重要性を認識させる貴重な経験になりました。

また来シーズンもウイングのピスラボサマーゲレンデに行ってみたくはなったんですが夏スキー営業後半はプロ級の人しか滑っていないような神の領域のゲレンデになってしまったみたいなんでド素人スキーヤーの私には恐くてもはや縁が無くなってしまったのがなんとも残念です。

まあ所詮はレジャースキーなんで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバーショット HX5とTX10

Imgp5777

ソニーサイバーショット DSC-HX5 と DSC-TX10
下に写っている TX-10 は今使っている防水カメラの代替品として購入した物

購入前にはいくつかの心配点があったけど
そのひとつが ”タッチパネル”

すでにイエティ軽プリで確認してきたけど
やっぱり基本的にはグローブをはめてのタッチ操作は厳しい。
けど薄手のインナーグローブだと半分くらいの確立でタッチパネル操作が出来る事を発見。
Dsc07328
けど小さなアイコンは素手でも目的のアイコンにタッチするのに癖があるのにましてやグローブをはめての操作などはやはり現実的じゃない。
手が塗れた状態になると素手でも目的のアイコンを押すのがさらに困難になる。

それと
Dsc07330
右上にある動画ボタン
このボタンを押せば動画撮影が開始出来るが
やはりグローブをはめてこの小さなボタンを押すのは少し厄介だ。

口コミ等の使っている人の感想だと起動の遅さも問題ありと言っているが
それに関しては瞬間を捉える使い方をするわけじゃないし
あらかじめ撮影の準備をしていけば良いわけだから私的にはそんなに問題にはならなかった。

そしてもう一つ重大な弱点が
動画の手振れ補正がかなり弱い。
この点に付いてもアキバのヨドバシで購入する時に
あらかじめメーカーの販売員さんからはHX5との違いの一つに教えてもらっていたのである程度の妥協はしていたんだけど2つのカメラで撮り比べてみて改めてその性能の違いに驚いてしまった。

DSC-HX5で撮影した動画


 

DSC-TX10で撮影した動画

 
 

同じ場所ながら撮影時間帯も違うし私自身の撮影技術も素人だったとしても
この2つのカメラの動画補正機能の性能差がハッキリと見て取れます。 

このTX5
Dsc07331

音声を拾うマイクは正面にありますが

うなるような音を拾っています。ただ雨の中での撮影で条件としては悪いわけですから仕方がないですね。

でもこんな環境でもビチョビチョになりながらちゃんと撮影出来ているから
防水機能カメラとしてはなんら問題はないでしょう。

 

HX5 と TX10
普段使いならば薄くて軽いTX10のほうが楽に使えるから
いつもはこっちばかり持ち歩いていますが
まあそれぞれに一長一短があるのは致し方ないこと
それぞれの長所を活かしながら上手く使い分けていきましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月11日 (金) | トップページ | 2011年11月20日 (日) »