« 地元の人だけじゃもったいない ”やまがた”赤倉温泉 スキー場  | トップページ | 暖かい海を見ながら滑ろう 雲辺寺スノーパーク »

2013年12月30日 (月)

日本最南端のスキー場 五ヶ瀬ハイランドスキー場

2013年12月30日(月) Dsc00392

今シーズン 3回目 

通算 ***所目の 8年ぶり2度目の歴訪スキー場は

宮崎県 五ヶ瀬ハイランド スキー場

               <2014シーズン滑走履歴一覧はこちら> 

前回は2006年の12月30日に歴訪しています。
再歴訪の一番の理由は単純に

最南端のスキー場だからwww

それに前回の歴訪時にはコースの下まで滑走出来なかったし
九州・四国 + 瑞穂&女鹿平 の超強硬日程だったのでゆっくり滑ることが出来なかったんです。
今回は日本最南端スキー場をじっくり堪能してみようと再訪しています。

 

<アクセス 駐車場>

ここに限らず西日本にあるスキー場さんはホームページやツイッター・フェイスブック等で出来るだけ新鮮な道路状況を上げてくれています。
この生の道路情報、私のようにFR車に乗っている輩には大変助かる情報なんです。
私も歴訪数日前から ゲレンデガイド の道路情報欄を確認してからここを訪れています。
五ヶ瀬ハイランドスキー場は ”ハイランド” の名前の通りに高地にあるので麓の国道からスキー場まではかなりの急勾配の山道を登って行くことになります。
いくら最南端と言えど標高が上がればそこは雪国と気象条件は同じ
当然道路も雪道になる可能性が高くなります。
でも五ヶ瀬ハイランドさんには標高の高いスキー場まで車で登らなくても雪の心配が少ない麓の国道至近にも駐車場が準備されていてそこからシャトルバスを利用すれば厳しい登坂路を運転しなくて済むのですごく助かると思います。
私は麓の駐車場の方にスキー場までの路面状況をお伺いしてスタッドレスタイヤなら大丈夫ですよとのお墨付きを頂いたので安心してスキー場直下の駐車場まで車を乗り入れました。

五ヶ瀬ハイランドスキー場の本屋敷駐車場からスキー場駐車場までの道路の様子を動画で貼り付けておきます。
パイオニア サイバーナビ クルーズカウンターユニット ND-CS3 にて撮影

スキー場直下の駐車場はパット見た目ものすごく狭くいんですが

Photo_3

実はこの奥に

Photo_4

こんな広い駐車場が隠れています。

ただ一番奥まで来てしまうとリフト乗り場まで5分くらい歩くことになりそうですが・・・

 

 <入場リフト 登り線>

さすがに最南端にあるスキー場なだけに車でグングン標高を稼いでもまだ雪のあるゲレンデまで到着しません、
駐車場からはさらに登行リフトでゲレンデ入りすることになります。

Photo_5

  

本当は音でも雰囲気を伝えたいのですが著作権やら何チャラで音声が消えています。

 

1

やっと着いた登行リフト山頂駅
登ってきましたね、
景色が九州じゃなくなっていました。

Photo_6

Photo_8

 

<コースマップ>

Photo_9

滑走コースは2本あるのですが残念!
上級者向けのダイナミックコースはクローズでした。
  

<パラダイスコース>

Photo_10 Photo_11 3

Photo_13 2 Photo_15

上から通しで滑ると約1000m
雪質は驚くほど良好!
ただ滑走者が多く初心者がたくさんいらっしゃるので快適に滑るというわけにはなかなか行きませんでした。

 

 

<リフト>

最長滑走距離が稼げる長い第2ペアリフト

2_2

と 
パラダイスコース上部のみを滑れる短い第3ペアリフト

3_3

歴訪当日は年末年始でしたが暦は平日 だったのでリフト待ちは無しでした。

<第2リフト乗車中 動画>

<第3リフト乗車中 動画>

 

<そり遊び場>

Photo_18

コースとは少し離れた場所にそり遊びの出来る所があります。
ここだけ完全に独立しているので安心して遊べるようになっているんですが・・・

Photo_19

ここに行くまでがツルツルピカピカの本日最強の上級コース(笑)
でも4WDでスタッドレスタイヤってすごいですね~
スキー場関係車両はこんな道でも平気で走っている~
改めてスキー場に行くときには4WDスタッドレスタイヤがいいなぁ~と思った次第です、ハイ!
私のFR車だったらこんな道、絶対に無理だよ(涙)

 

<レストラン>  

以前のように慌ただしくスキー場を巡っているんではないので
食事もここで取るつもり満々でしたが・・・

Dsc00542

ものすごい大混雑!
空いている席がなくて食事ところではありません!
スキー場内には1か所しか休憩施設がないので完全に利用者数の方が上回ってしまい食事ところか休憩も出来ない状態
一日滞在するつもりだった私もさすがにこれには参った(汗)
これで帰る決心がついたくらいです(笑)
それでもお腹が痛くなるくらい減っていたので

Dsc00545

お行儀が悪いんですが・・・
立ち食い出来るものを選んでつまみ食い
肉まんかなぁ~ あんまんかなぁ~
ざ~んねん 答えは

Dsc00546

高菜まん 150円
五ヶ瀬ハイランドの名物らしい
でも2つも同じものを頼んだのはそこまでお腹が減っていたからではなくて

お釣りの50円が無かったから(苦笑)

お客さんが多すぎて50円の小銭が尽きてしまったらしい・・・
自販機でもないのにつり銭切れ
これはやっぱり帰りの潮時だったんだな。

 

<入場(退場?)リフト 下り線>

Photo_16

雪の多い地域だと帰りは滑って駐車場まで行けたりしますが
ここは南国宮崎県
さすがに下山コースはありませんしコース外滑走出来るほど雪もありません。
でも私、リフトの下り乗車 好きなんですよ♡
だってあんまり下り乗車ってさせてもらえるところってないんですよ。
正面に遮(さえぎ)るものがないリフトの下り乗車
景色を楽しむには最高っす


登りと同じで”著作権”何チャラで音声が消去されています。
意図して音楽を入れているわけではないのに
生音が流せないなんてね。

 
 

 

 

日本最南端とは思えない
宮崎県五ヶ瀬ハイランドスキー場でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HおまけH

 

Photo_20

恋する南のスキー場 
で検索すると・・・

http://youtu.be/Yku9-3g5rj4
http://youtu.be/RV_V_9UxA8Q

こんなCMが引っかかってきます。

特に2013年版はサイコーっすね???

 

 

|

« 地元の人だけじゃもったいない ”やまがた”赤倉温泉 スキー場  | トップページ | 暖かい海を見ながら滑ろう 雲辺寺スノーパーク »

日本全国スキー場めぐり 2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本最南端のスキー場 五ヶ瀬ハイランドスキー場:

« 地元の人だけじゃもったいない ”やまがた”赤倉温泉 スキー場  | トップページ | 暖かい海を見ながら滑ろう 雲辺寺スノーパーク »