« 2014年2月22日 (土) | トップページ | 2014年2月24日 (月) »

2014年2月23日 (日)

2014年2月23日 (日)

目指せ 未来のオリンピック選手 手作りスキー場 りんご今日話国 スキー場

2014年2月23日(日)Dsc01700

今シーズン 14回目 

通算 ***所目の 6年振り 2度目の歴訪スキー場は

広島県  りんご今日話国 スキー場

               <2014シーズン滑走履歴一覧はこちら>

全くの予定外の歴訪です。

中国地方 スキー場巡り 再歴訪編  

では一言もここのスキー場の事は書いていません。
十種ヶ峰 の場合は歴訪予定が無かったものの もしスノーモービルツアーがやっていたら滅多に出来ないから行ってみようかな? とは考えていたんです。
りんご今日話国スキー場に関してはまさか訪れるとは思っていませんでした。

なのに突然ここに来たくなったのはやはり

スキー場メグラーの血が騒いだ

としか思えません(笑) 

 

スキー場ガイドブック等には紹介されているスキー場ですがコースマップなどが無いのでどんなスキー場なのか知らない人が多いんじゃないかと思います。
せっかく来たのでりんご今日話国スキー場を徹底分解してみようと思います。

Photo_26

            <グーグルマップより画像を加工>
場所は松江自動車道高野インターチェンジのすぐ近く
しかもこの松江自動車道が無料ときたもんだ(2014年2月現在)
このインターチェンジには 道の駅 高野 まであって場所的には文句のつけようがない最高な立地条件です。
私が以前訪れた時には高速も道の駅も無く当時はカーナビなんかもつけて無かったので何県のどこにあったのかさえわからなかったんですけどね(汗)

Dsc01637

ロープトゥしかない小さなスキー場ですがコースは3本あります。

まずはバー付のロープトゥに乗車しましょう。
コースマップ上のピンクの細い線です。

Photo_2 

Photo_3 

北海道や東北のロコスキー場だとよく見かける搬送機器ですが
西日本のスキー場ですとほとんど見かけることがないのでとても珍しいですよね?
 

 

Photo_5

ロープトゥを下りて右に下りるとスキー場のメインとも言える2本のコース上に出ます。
上の写真の青い線がそのまま一定斜度で滑れるコースで
赤い線のコースが途中から斜度が急になるコースです。

<青いコースの滑走動画>

Photo_7

初心者にはいい練習コースだと思います。
何気に私も楽しんで滑っていました。

 

<赤いコースの滑走動画>

出だしの部分が緩いので

Photo_8

そのまま突入していってしまうと

Photo_9  

途中から斜度が急になります。
ちいさなスキー場ですから間違って入り込むようなこともないでしょうし
ダメならば引き返せばいいですしね。 

Photo_10

意外と急斜面だったりして

Photo_11

頑張って作ったコブもあったりします。 

 

<黄色いコースの滑走動画>

入口がわかりずらいんですがロープトゥを下りてから その下をくぐり抜けて行くと林間コースのような所に出られます。

Photo_12  

何気にですね

Photo_13

ウェーブがあったりするんですよこのコース。
遊び心があって楽しいですよ。 

Photo_14

 

営業終了1時間弱前にりんご今日話国に到着でした。
始めにも書いたとおりに来場予定はなかったんですが宿に入る前にチョッと時間があまっていたから軽い気持ちの時間つぶしで立ち寄ったんです。
前回訪れた時の写真は残っているのですが慌ただしいスキー場メグラー活動の真っただ中でとにかく歴訪数を競っていたので単なるロコスキー場の一つとしか感じていませんでした。
でも実際にここに再訪して思ったのは

山椒は小粒でもピリリと辛い

小さいスキー場ですがスキー場のあちこちにスキー場の経営者・運営者のスキーに対する思いのようなものが感じられました。

黄色の林間コースにはウェーブがあって
赤いコースの急斜面にはコブも作ってあり
青いコースは時間がたってもコースが荒れにくいように普段から整備をして
ロープトゥも他よりも長い距離を設置して しかも捻じれや垂れ下がりがなくしっかりロープが張ってある。

たかが1時間弱の滑走で何がわかる訳じゃありませんが
ここのスキー場運営者の方の熱い思いのようなものが伝わってきました。

こうゆうスキー場は地元の子供たちの為に運営している事が多いんですが
きっとここ ”りんご今日話国スキー場” さんもそんな思いでスキー場を運営されているのではないでしょうか?
私はそう感じ取りました。

北海道や東北でよく見かけた類のスキー場がまさか中国地方でもあるとは思ってもいませんでした。 

 

タイトルの

 目指せ 未来のオリンピック選手 手作りスキー場

はそんな気持ちを勝手に感じ取った私が思い込んでつけた名前です。

 

今日は気まぐれで訪れて良かったかもしれません。

りんご今日話国スキー場
いいスキー場ですよ。 

 

 

 

<本日のおまけ>

りんご今日話国スキー場のロープトゥ編

詳しく調べた訳ではありませんが りんご今日話国さんのロープトゥの全長は他のスキー場よりも長いんじゃないかと思います。
ロープトゥは構造的に長い距離に設置すると自重でロープが垂れて地面を擦っていってしまいます。
その結果、雪面との抵抗が増加し滑車とロープの摩擦抵抗よりも地面とロープの摩擦抵抗が勝さってしまいプーリーとロープが空転するか もしくは原動機(モーターや発動機)が止まって動かなくなってしまう事があるそうです。
だから長いところでもせいぜい200mが限界でそれ以上の長さのロープトゥを設置するためには設置する人の豊富な経験や高い技能が必要になるんだそうです。
ロープトゥ乗車中の動画を見てもらうとわかると思いますが登り側はもちろん反対の下り側のロープ・掴(つか)まるバーも一切地面についていませんよね、ロープの張りかたが完璧なんだと思います
さらにバーがクルクル回っていません。
ロープトゥ架設時にロープが捻じれたまま設置してしまうとバーがクルクル回転してしまい乗車時にバーがつかみにくいばかりか山頂で手を放す時にグローブが巻き込まれてしまい大変危ないんです。
でもそれも一切ありません。

たかがロープトゥですがチェアリフトよりも人の手間が必要な機材なだけにそれを見ればそのスキー場のやる気が見て取れる目安の一つになっています。

このりんご今日話国スキー場さん、
そんな意味でも運営者の実力は物凄く高いと感じました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

景色が抜群 上手い人には楽しくてたまらない 花見山 スキー場

2014年2月23日(日)Dsc01496_2

今シーズン 13回目 

通算 ***所目の 6年振り 2度目の歴訪スキー場は

鳥取県  花見山 スキー場   URL http://www.hanamiyama.co.jp/winter.html

               <2014シーズン滑走履歴一覧はこちら>

こちらの花見山スキー場 
非常に地味な印象のスキー場ですが私の中ではもう一度滑りたいスキー場の一つだったんです。

<コースマップ>

Photo_10

          <花見山スキー場のWEBより>

コースマップを見る限りではペアリフト2本の小さなスキー場にしか思えません。
ところが実はかなり滑りこたえのあるスキー場で
最長滑走距離は 2500m 。
最大斜度も 39度 。
今どきのスキー場ではありえないような急斜面を有しています。
古いスキー場なのでこれらの数値はかなり緩めに表記してあるので実際の滑走感はもっと厳しく感じます。
アクセスも最後1キロの登り坂がかなり厳しい道です。
始めはそのまま突入していったのですが道路が狭く急坂になり固まった雪が路面に現れた時点でFR車の私の車は万が一スタックしてしまうと他の来場者に多大な迷惑を掛けてしまう恐れがあったので駐車帯のある場所まで一旦引き返してタイヤチェーンを巻く羽目になりました。 

Photo_11

結果的にはスタッドレスタイヤだけで大丈夫だったもののなにせ様子がわからない場所だったし他の西日本スキー場と違ってスキー場までの道路状況もWEBに上げていないので念には念を入れてのタイヤチェーン装着でした。
でもまさか使うとは思わなかった・・・

FR車でアクセスの悪いスキー場に行くのは精神的にキツイっす。
           <なんていいながらもっとアクセスの悪い恐羅漢に行くつもりでいるのだが>

 

スキー場的にもアクセス的にもどちらかというと玄人好みのスキー場です。
でも不思議なのは来場者のほとんど(いやっ全員?)は初心者初級者のようだったんですよ。
正直このスキー場で初級者が滑って楽しいコースは皆無だと思うんだけど???
なんでみんな来るのだろ?

Photo_12

もしかするとこんな思わず
”ヤッホー”
と叫びたくなるような素晴らしい景色と開放的な雰囲気に引き寄せられるのでしょうか?
でもここで”ヤッホー”って叫んでも跳ね返る山がないからコダマは帰ってこないんだなきっと。 www

上の写真を見ての通りに景色は抜群にいいスキー場です。
さすがは ”スタバが無くても砂場がある” の名言を残した鳥取県です(笑) あっ関係無いか
でもコース整備は全くされていませんでした。
朝一番に撮った写真なんですがここ数日間は全くコース整備をした様子がなく降りっぱなしでホッタラカシ状態

たぶん初級コースだろおもう・・・
<ラビットコース>

Photo_13 Photo_14

このスキー場唯一の初心者向けラビットコースだけが辛うじてコース整備されているようでしたが圧雪車のキャタビラ跡が残るようなカッチカチのハードバーンでエッヂなんかまったく刃が立ちません。
花見山スキー場では一番優しいコースになりますが最初に貼り付けたコースマップの詳細をよ~く見てくださいな。
最大斜度 20度
平均斜度 20度    
同じやん!
しかもカッチカチボコボコの平均斜度20度は初級者には結構厳しい斜面ですよ。

<第4ペアリフト と ラビットコース> 

 

<ホワイトロングコース>

Photo_15

たぶんこのコースが花見山スキー場のメインコース・・・
になるんだと思う。

最大斜度 35度
平均斜度 25度

Photo_16

これがホワイトロングコースコースの出だし部分
山頂からの下山コースとしてはこのコースが一番優しい
だから山頂まで登って来た人はほぼ全員こちらのコースに向かっていました。
この斜度で一番優しいコースなんですよ。
一応、この斜面を迂回する林間コースもあるのですがコース幅が無い分、難易度的にはそれほど下がっていないような気がしました。
 

(直接滑りこむ ホワイトコース)

 
(急斜面を迂回してから滑り込む ホワイトコース)
 

どっちのコースを選んでもカッチカチぼこぼこコースなので難易度は低くないです。
ここがキチンとコース整備されていれば西日本はおろか国内でも上位に食い込んでくるような名コースになるのに残念!
それにしてもなぜこんなに難しいスキー場なのに初心者がたくさん来るのだろ?
 
 
<パラダイス・チャレンジ・桑平 コース方面> 
 
Photo_17
 
ホワイトコースとは反対側に向かうコース群です。
パラダイスコースの動画も撮っていますがガッチガチ(カッチカチじゃない!)ガッタガタ(ボコボコじゃない)の急片斜面でカメラがブレまくりでほとんどコース状況が写っていませんでした。
   
<パラダイスコース> 
 
Photo_18
 
最大斜度 32度
平均斜度 25度
急斜面でもコース幅があるので滑りにくくはないはずですがなにせ癖の強い片斜面の上にガッチガチ(カッチカチじゃない!)ガッタガタ(ボコボコじゃない)のコースは他のスキー場ならばクローズだろうの強烈さでした。
さすがにこのコースに入ってくる滑走者は今日の花見山スキー場はいません。
 
<チャレンジコース>

Photo_19
 
最大斜度 32度
平均斜度 30度
 
ここのスキー場のリフトですが
第3ペアリフト と 第4ペアリフト の2本だけ
第1と第2が抜けているのはたぶん以前は第1と第2リフトがどこかに架かっていたんだと思います。
昔を知らないので何とも言えないのですが
このチャレンジコース 幅の狭さから元々コースではなくて
リフトの架かっていたところなんじゃないでしょうか?
ここのコースもお隣のパラダイスコース同様に今日の来場者の方でこのコースを滑っている人はいないようでした。
 
斜面がねじれていない分、多少は滑りやすかったけど
楽しかったかと言えば答えは  微妙 である。
 
 
<桑平コース>
Photo_20
 
最大斜度 37度
平均斜度 30度
チャレンジ・パラダイス のコースが合流する辺りから下がたぶん 桑平コース なんだと思います。
コースマップにはボードパークと記してありましたけど
どこにそんなものがあったのか気が付きませんでした。
それにもしここで遊ぶためには山頂からのチョー難斜面を下りてくるか
下からエッチラオッチラ長い距離を担いで登って来るしかないので利用する人もいなかったんだと思います。
コース案内では すごい急斜面になっていますが
ボードパークがあったと思われる付近は緩斜面でしたよ。
 
 
(チャンピオンコース)
花見山スキー場 最大の難関であり 最高の見せ場 でもある チャンピオンコース
 
3
最大斜度 39度
平均斜度 35度
 
この数字を超えるコースは
木島平のパイオニアだけじゃなかろうか・・・
しかもリフトからの視線が絶対に突き刺さるので生半可な奴じゃここは滑れない。
もはや ”鬼” である(笑) 

Photo_21  
 
コース幅があるのでまだなんとかなるけど
 
Photo_22
 
コースの先が落ち込み過ぎていて見えないじゃないか。
                     モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!
 
<チャンピオンコース 滑走中>
 
途中でリフトから離れたコースに逃げてしまったぞ(汗)
やはりこのコースは ”鬼” である(笑) 
 
 
 
全部のコースを滑って感じたことは
雪がたっぷり積もったて新雪・深雪三昧になったら
間違いなく面白いスキー場だろう
 
あっ そうか
だから条件が揃えば面白いスキー場だってことを皆さんご存知だから
こんな難しいコースばかりのスキー場にわざわざ足を運んでいるのかもしれませんね。
 
そういう私だってわざわざ東京から中国地方スキー場大遠征で立ち寄ったくらいですから
 
 
 
花見山スキー場
いいスキー場ですよ。 
 
 
 
 
本日のおまけ
 
花見山スキー場の心臓とも言える
第3ペアリフト 
 
Photo_24
正確な数字はわかりませんがたぶん
標高差 200m ?
全長   600m ?
 くらいのそんなに大きな搬送機器ではありません。
ただしそのリフトからの眺めは他のスキー場のリフトに負けないほどの
素晴らしい景色を堪能出来ます。
 
<第3リフトからの眺め>
 
 
このリフト1本で全部のコースを滑ることが出来るんです。
このリフト上部の景色
この辺りでは一番高い山(だと思う。。。)なので周りに遮るものがないから抜群の景色を拝むことが出来ます。
 
 
<民家みたいな所を滑る> 
まったく個人的な趣味範囲です。
このスキー場の最下部コースは民家みたいな所を滑るコースがあります。
古い年代のスキー場に名残みたいでなんとなく雰囲気が好きです。
 
 
 
 
 
<名前も知らない目に入る綺麗な山>
 
Photo_23
 
この~山 何山 知らん山 ♪~
 見たこともない山だから  ♪~
  見たことも~ない~    ♪~
   や~まなんでしょう~   ♪~
花見山スキー場の至る所から見えるこの山
すごく印象的に映るのに名前がわかりません。
地図で見てみるとたぶん 大倉山 って名前の山らしいんです。
でも花見山と同じですごく地味
この一体にある山々っていい形をしている割には無名の山が多いんですかね?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月22日 (土) | トップページ | 2014年2月24日 (月) »