« ワンマンオーナーの夢が詰まった 瑞穂ハイランド スキー場 | トップページ | 360度のワイドビュー 大山ホワイトリゾート スキー場 »

2014年2月25日 (火)

ランチバイキングを食らえ スノーパーク寒曳 スキー場

2014年2月25日(火)Dsc08572_2

今シーズン 17回目 

通算 ***所目の 5年ぶり2度目の歴訪スキー場は

広島県 スノーパーク寒曳 スキー場  URL http://kanbiki.jp/

               <2014シーズン滑走履歴一覧はこちら> 

 

こちらのスキー場歴訪は全くの想定外

一身上の都合で帰ることになってしまった 瑞穂ハイランドスキー場
まるまる一日滑りまくる覚悟でいたのにわずか2時間で終わってしまい
欲求不満が爆発寸前なのである。

すぐお隣にある アサヒテングストン にでも向かってお口直しでもしてこようとも考えたけど
前回の中国地方大遠征で気になっていたことがあるのを思い出したんです。

ー前回訪問時の証拠写真ー

Baiking_2

地産池消のランチバイキング
そう言えばこんなサービスをやっているスキー場があったはずだな?
チョイと調べてみるとななんとなんと

瑞穂ハイランドから峠を一つ隔てた所にあるじゃないですかぁ
これはすぐに向かわねば

そんな訳で・・・

番外編
ランチバイキングを食らえ
スキーパーク寒曳 
 
                スキーじゃないじゃん(笑)

 

コースマップ

Photo_32

                  スキー場のWEBより

熊手型のコースレイアウトを持つ中斜面が豊富なスキー場である。
ただし今回はそんなことはどうでもいい!
なぜならば目的が・・・

ランチバイキング なのだから(笑)

Dsc08573_2

5年越しのランチバイキング
今でもやっているのか心配だったけど
無事に開催中。
だがランチバイキング会場は

Σ( ̄ロ ̄lll)が~ん
第1リフトを上がった所にあります。 だとぅ~

ここはメグラーらしく
担いで1本 

・・・ 

と行きたいところだけど

Photo_34

この斜度と距離に雪が溶けるくらいな熱い気温
そしてリフト乗車中の人と従業員さんからの向けられるであろう
変人扱い的な強烈な視線に耐えられる自信もなく

Dsc08572_3

素直にリフト1回券とバイキング券の両方を購入
リフト売り場のShe Was 尾根遺産
何の戸惑いも無くリフト券とバイキング券を売ってくれたので
もしかすると私みたいなバイキング目当ての輩が案外いるのかもしれない。 

スキーじゃないのにリフトに乗るなんて松山城以来だ。
リフトもチョースローペース
やっぱりバイキング目当てのお客さんがいるのだろうか?

Dsc08603

5年越しのランチバイキングだ!

Dsc08581

Dsc08582  Dsc08583  Dsc08584  Dsc08585

Dsc08586  Dsc08587  Dsc08588  Dsc08589

Dsc08591  Dsc08592  Photo_36  Photo_37

これで1000円 + リフト券400円 = 1400円

地元野菜物や広島らしくカキフライもあり
デザートまで付いているのだから
お得感・満足感 ともに二重丸であった。

欠点と言えば
うまいからつい食べ過ぎて午後から滑れなくなること(爆)
当然、今日の私には関係のない話だからここぞとばかりに
思い切って食らってやったぞ  ♪(o ̄∇ ̄)/ 

 

<センターコース>

Photo_38

一応スキー道具を持っているので帰りは滑って下山です。
今回はランチバイキングが目的なのでここでの滑走満足感は求めていませんが
もし雪がちゃんとついていたらこのセンターコースは素直な真っ直ぐ斜面で絶対に面白いコースですよ。

 
 
<駐車場>
Photo_39
 
完全舗装です。
泥んこにならないで済むのはありがたいです。 
 
 
<温泉施設> 
Dsc08600
 
スキー場の入口には日帰りの温泉施設も併設されています。
リフト券を見せると入浴代が割引になります。
 
 
メジャークラスのスキー場の陰に隠れてしまっていますが
スキー場としてはいいところだと思いますよ。
 
 

|

« ワンマンオーナーの夢が詰まった 瑞穂ハイランド スキー場 | トップページ | 360度のワイドビュー 大山ホワイトリゾート スキー場 »

日本全国スキー場めぐり 2014」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランチバイキングを食らえ スノーパーク寒曳 スキー場:

« ワンマンオーナーの夢が詰まった 瑞穂ハイランド スキー場 | トップページ | 360度のワイドビュー 大山ホワイトリゾート スキー場 »