« 2014年5月30日 (金) | トップページ | 2014年6月21日 (土) »

2014年5月31日 (土)

2014年5月31日 (土)

ウイングヒルズ サマースキー試乗会

5月31日(土) 6月1日(日) に岐阜県のウイングヒルズでサマースキー板の試乗会がありました。 サマースキーの試乗会なんて珍しいんじゃないですかね? 1402266981285.jpg 1402266985947.jpg 1402266991303.jpg 1402266987689.jpg 1402266989581.jpg  

サマースキー専用板自体がハートさんのバルシップとオガサカさんの AG-SR/G ? しかないので試乗会もこの2機種だけでした。

ブログを書いている時間が取れたら追って詳細を追記します。

 

 

 

 

 

 

ボソボソヒトリゴト

ピスラボ上(人工芝)での滑走の場合 板の性能よりも エッヂの研ぎ具合が滑走の決め手になるようです。 ウイングヒルズの滑走距離(約1000m)の連続滑走はエッヂ(滑走者によってはソールにも)に相当な負担が掛かります。 

1本目と2本目ではエッヂの切れ具合が変わっているのを実感します。

3本目には古いピスラボ上では油断するとエッヂが抜けてしまいます。

全く同じ仕様の板を取り替えて乗り比べると前滑走者の癖(利き脚)がわかるほどエッヂの減り具合が一目瞭然です。 雪の上だといくらでも誤魔化す事が出来た自分の欠点弱点がピスラボではモロに表面化されます。

また板本来の性能 例えばバルシップのⅠやⅡならカービング バルシップⅢならばズレ と板の性能がそのまま出てきます。 その板の正しい乗り位置や板に合った乗り方をしないと 滑走抵抗が増して(滑走音が豪快)速度が上がらず エッヂやソールにピスラボの削りカスがビッチリ張り付いてしまいます。 

 

つまりここ(ピスラボ)で速く美しく滑れる人、滑っている方は 相当な上級者(自称ではない!) なんだと思いますよ。

 

 

私はですね・・・ 滑走音がやまびこのようにゲレンデで響きわたっています  (^o^ゞ

 
 
追記
2014年度のウイングヒルズ ピスラボサマーゲレンデの滑走動画を添付しておきます。
雪上よりかなり遅く感じますがGPSで速度を確認すると最高速で40キロは出ているようです。
実走した感じとしてはせいぜい20キロくらいだろうみたいな感覚だったので以外に速度は出ているようです
 
 
 
1、滑走の雰囲気や新旧ピスラボの張り替え状態
 
 
2、全く同じ板の1本目と3本目の滑走動画です。
左の動画がエッヂを研いで1本目、右の動画は3本目です。
エッヂの掛かっている左動画では積極的にターンをしていますが
3本目でエッヂが丸まりかけている右動画ではエッヂが抜けてしまいターンをするのが難しくて下に向かって落ちていく滑りになっています。
エッヂの掛かり具合の違いが伝わってくれればいいんですが・・・
 
 
3、サマースキー専用板
バルシップⅠ と 小賀坂AG-SR/G の乗り比べです。
あんまり違いがわかりませんでしたが気温が上昇して滑走抵抗が増してくると
ソールが全面ステンレスの小賀坂の方が滑走性は良いように感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月30日 (金) | トップページ | 2014年6月21日 (土) »